ロマン・ロスチスラヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロマン・ロスチスラヴィチロシア語表記:Роман Ростиславич,?‐1180)は、スモレンスク公(在位1160年‐1172年、1177年‐1180年)、キエフ大公(在位1171年‐1173年、1175年‐1177年)、ノヴゴロド公(在位1178年‐1179年)。ロスチスラフ1世の息子の一人。

妻子[編集]

妻はノヴゴロド・セヴェルスキー公スヴャトスラフ(ru)の娘(結婚:1159年 - )。子には以下の人物がいる。

先代:
ミハイル1世
キエフ大公
40代
1171年‐1173年
次代:
フセヴォロド3世
先代:
ヤロスラフ2世
キエフ大公
45代
1175年‐1177年
次代:
スヴャトスラフ3世