ウラジーミル・ムスチスラヴィチ (キエフ大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウラジーミル・ムスチスラヴィチロシア語表記:Владимир III Мстиславич,1132年 - 1173年)は、ドロゴブージ公(在位1150年 - 1154年,1170年 - 1171年)、ウラジーミル・ヴォリンスキー公(在位1154年 - 1157年)、スルツク(1162年)、トリポリェ公(在位1162年 - 1168年)、キエフ大公(在位1171年)。ムスチスラフ1世の息子の一人。治世が余りに短かったため、しばしばキエフの統治者リストから漏れることがある。