アンナ (キエフ大公妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンナギリシア語Άννα古ルーシ語:Анна963年3月13日 - 1011年あるいは1012年)は、キエフ大公国の大公ウラジーミル1世の妃。東ローマ帝国の皇帝ロマノス2世の娘で、バシレイオス2世の妹。

ウラジーミル1世がバシレイオス2世の援軍をしたことから、バシレイオス2世がウラジーミル1世に縁組させた。

ウラジーミル1世とアンナの結婚でキエフ大公国の国教がキリスト教東方正教会)になり、正教会の勢力が拡大した。

年代記によれば、美人で気の強い性格だったと言われる。