計画的陳腐化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

計画的陳腐化(けいかくてきちんぷか)とは、新製品を市場に投入するにあたって、旧製品が陳腐化するように計画することで、新製品の購買意欲を上げるマーケティング手法のこと。

概要[編集]

新製品に対し新しいデザインや新しい機能を持たせることで相対的に旧製品を陳腐化させる方法、製品や部品が老朽化するようにつくる方法、上位互換性のある規格を導入したり逆に互換性の無い規格を導入したりして、旧規格を陳腐化させるなどの方法がある。自動車のマイナーモデルチェンジなどがその典型。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]