超低硫黄軽油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超低硫黄軽油(ちょうていいおうけいゆ、ULSD)は硫黄の含有量が極めて少ない軽油を指す用語。2006年現在、北米ヨーロッパでは一般に流通する軽油のほとんどがこれにあたる。

軽油を低硫黄化することによりディーゼルエンジンの排気ガス処理の触媒の効率が向上し、窒素酸化物やディーゼル微粒子を大幅に削減できる[1][2]。そのため、エンジンとの一体的な新汚染制御技術導入の可能性が広がる。また、燃費向上もなされる。この軽油への切り替えは当初ヨーロッパを中心に広がり、その後アメリカでも広がっている。そのアメリカでは2007年にクリーンエネルギーを柱とした新排出基準にこの超低硫黄軽油が盛り込まれた。

日本では硫黄含有量10ppm以下の軽油を「サルファーフリー」として、2005年より供給が開始された[3]。従前の500ppmからは、大幅な低減となっている。ただし、すでに長期間使用したディーゼルエンジンにおいて超低硫黄軽油を用いると、燃料噴射ポンプ周辺に軽油のにじみが発生する場合があるため、日本自動車工業会等では、注意喚起を行っている[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]