岩手県立大学盛岡短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩手県立大学盛岡短期大学部
岩手県立大学盛岡短期大学部
岩手県立大学盛岡短期大学部
大学設置 1951年
創立 1946年
学校種別 公立
設置者 公立大学法人岩手県立大学
本部所在地 岩手県滝沢市巣子152-52
学部 生活科学科
 生活科学専攻
 食物栄養学専攻
国際文化学科
研究科 なし
ウェブサイト 岩手県立大学盛岡短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

岩手県立大学盛岡短期大学部(いわてけんりつだいがくもりおかたんきだいがくぶ、英語: Morioka Junior College, Iwate Prefectural University)は、岩手県滝沢市巣子152-52に本部を置く日本公立大学である。1951年に設置された。大学の略称は盛岡短大。

概観[編集]

大学全体[編集]

かつて岩手県立盛岡短期大学として盛岡市住吉町1-48にキャンパスが置かれていたが、岩手県立大学開学に伴い岩手郡滝沢村(現滝沢市)に移転され県立大学併設の短期大学となり、学科体制が2学科と1学科2専攻から、従来の1学科2専攻と新設1学科として再編され現在にいたっている。盛岡市の旧キャンパス跡地は現在岩手県林業公社が利用している。

教育および研究[編集]

全国の短大でも数少ない国際文化学科が設置されている。英語ほか中国語ハングル語ロシア語などがあり東北地方では数少ないものとなっている。

学風および特色[編集]

岩手県立大学に併設された短大であるため、キャンパスは大学と共用である。就職面では客室乗務員内定実績が高い。

沿革[編集]

  • 1946年7月 岩手県立女子専門学校を設置。
  • 1948年5月 岩手県立美術工芸学校を設置。
  • 1951年 以上の2校を発展改組して盛岡短期大学(もりおかたんきだいがく)が開学される。
    • 家政科
    • 美術工芸科
  • 1954年 学生数
    • 家政科=男0・女137[1]
    • 美術工芸科=男74・女25[1]
  • 1958年 3月31日をもって美術工芸科を正式廃止する[2]
  • 1962年 家政科を専攻分離。
    • 被服専攻
    • 食物専攻
  • 1963年 岩手県立盛岡短期大学と学名変更。
  • 1964年 食物専攻を栄養専攻に改称。
  • 1965年 保育科を増設(在学者数:女52[3]
  • 1968年 旧来の各種学校盛岡市立法経学院を統合・改組して、短期大学に法経科第二部を増設(在学者数:男166・女36[4]
  • 1988年 学科名及び専攻名の変更が行なわれる。
    • 家政科→生活科学科
      • 被服専攻→生活科学専攻:中学校教諭二種免許状家庭)の教職課程が再認可される。
      • 食物専攻→食物栄養学専攻
    • 保育科→保育学科
    • 法経科第二部→法経学科第二部
  • 1998年 岩手県立大学の開学により、岩手県立大学盛岡短期大学部と学名改称。旧来の盛岡市住吉町1-48から滝沢村に移転。国際文化学科を増設(在学者数:男4・女44)[5]
  • 1999年 3月31日をもって保育学科を正式に廃止[2]
  • 2000年 3月31日をもって法経学科を正式に廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 岩手県滝沢市巣子152-52

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 生活科学科
    • 生活科学専攻
    • 食物栄養学専攻
  • 国際文化学科
過去にあった学科
  • 美術工芸科:修業年限は昼間部3年制。1955年度以降、岩手大学の特設美術科として譲渡される。
  • 保育学科
  • 法経学科第二部:修業年限は夜間部3年制

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格
  • 栄養士:生活科学科食物栄養学専攻
受験資格
  • 二級建築士:生活科学科生活科学専攻
教職課程
  • 中学校教諭二種免許状:(家庭保健)が生活科学科生活科学専攻(家政科含む)にて設置されていた[6]
  • 高等学校教諭免許状(家庭・保健)が生活科学科の前身である家政科にて設置されていた[6]

附属機関[編集]

  • 地域連携研究センター
  • 図書館:所蔵数はおよそ220,000冊。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

公認されているクラブ活動として以下のものがある。

学園祭[編集]

学園祭は毎年、概ね10月下旬に実施されている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

同窓会には「成美会」と称した組織や旧来の法経学科独自のものがある。

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

姉妹校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

これまでの実績では、岩手県立大学のほか岩手大学宇都宮大学愛知県立大学宮城学院女子大学聖徳大学杏林大学実践女子大学などがある。

附属学校[編集]

かつては、岩手県立盛岡短期大学附属こまくさ幼稚園があった。

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 昭和30年度版『全国学校総覧』1370頁
  2. ^ a b c 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』13-14頁「岩手県立大学盛岡短期大学部」の項
  3. ^ 昭和41年度版『全国学校総覧』25頁
  4. ^ 昭和44年度版『全国学校総覧』28頁
  5. ^ 1999年度版『全国学校総覧』51頁
  6. ^ a b 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)47頁「盛岡短期大学」の項

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。