親学推進議員連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

親学推進議員連盟(おやがくすいしんぎいんれんめい)は日本の超党派の議員連盟。正式名称は「家庭教育支援議員連盟」。

概要[編集]

高橋史朗の唱える、“児童の二次障害は幼児期の愛着の形成に起因する”とした「親学」の考え方を支持する超党派議員により2012年4月10日に設立された[1]。ただし、参加した議員の全員が必ずしも親学の支持者というわけではない。例えば鈴木寛は、(親学支持者の)暴走を止めるべく池坊保子の要請によりあえて幹事長の要請を引き受けたとツイッターで述べている[2]

設立総会には議員本人49名、代理32名が参加。親学推進協会木村治美会長と高橋史朗理事長が提言をおこなったほか、元埼玉県教育委員の松居和や、TOSS代表の向山洋一ら100名が参加した。

活動方針としては「親学」を推進する家庭教育支援法の年内制定、政府への推進本部設置や地方自治体での条例制定、国民運動の推進である。

批判[編集]

  • 親学に関しては、非科学的であり、障害者への差別・誤解を生むものだ、という意見があり[3]、批判を受けている。
  • 2012年(平成24年)5月末に同連盟が開いた勉強会で、アスペルガー症候群などの発達障害について、親の子育てに原因があるとした上で、「発達障害児は笑わない」とか「発達障害は予防可能」との内容の、誤解を招きかねない記載をした資料を配布していたことが明らかとなった。同連盟に対しては抗議が殺到し、陳謝する事態となった[4][5]
  • 2012年5月、大阪維新の会は親学を提唱する高橋史朗の助言を受けた「家庭教育支援条例」案を大阪市議会に提出したが批判を受け撤回[6]。その後、維新の会の橋下徹大阪市長も、ツイッターで「発達障がいの主因を親の愛情欠如と位置付け、愛情さえ注げば発達障がいを防ぐことができるというのは科学的ではない」といったコメントを出している。

役員・メンバー[編集]

会長
会長代行
副会長
事務局長
顧問

(空席)

メンバー

引退または落選した役員・メンバー[編集]

関連項目[編集]

脚註[編集]

外部リンク[編集]