法務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

法務(ほうむ)とは、法令法律司法に関する事務[1][2]、業務、あるいは、職務のこと。

概説[編集]

企業において行われる法務は、「企業法務」と呼ばれる。

複数の国に跨る法務は、「国際法務」と呼ばれ[3]、日本側から見て海外の法務については、 「海外法務」と呼ばれることもある。

外国人を対象にした法務一般は、「渉外法務」と呼ばれる[4]

企業法務[編集]

企業の法務部門では、およそ以下のようなことを行うとされる[5]

企業の法務部門は、「法務部」を始め、企業ごとに様々な名称で呼ばれる。法務部として独立して設置されず、総務部において法務を担うことも多い。 上記のうち、株主総会取締役会経営会議等、組織全体に関る事務であれば「総務」(「総務部」)の仕事に分類される場合もある。また、契約書の作成は営業職営業部)の仕事とされる事もある。

職種としての法務[編集]

企業において法などに関する事務を担当する人の職種も、一般に「法務」と呼ばれる。企業内における法務担当者の養成状況としては、約半数が法務専門職でないジェネラリストとして、残りの半分弱が法務のスペシャリストとして、それぞれ養成されているとされ、弁護士を社員に採用する例もある[6]

弁護士法72条[編集]

弁護士法第72条では「法律事件」の解釈について争いがあり、いわゆる「事件性不要説」と「事件性必要説」という二つの説に分かれ、 非弁行為が問題となる

弁護士法第72条「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」

関連項目[編集]

行政[編集]

国家レベルでは、一般に「法務省」や「司法省」という名称のが置かれている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 広辞苑
  2. ^ 大辞林
  3. ^ 大矢息生 他『国際法務 (企業法務全集)』 税務経理協会、1998
  4. ^ 山本浩司『最新版司法書士になろう! 』p.87
  5. ^ 阿部 一正 「企業における法務部門の業務(II報告)」(第二回 法律実務家への期待と大学の果たすべき役割 : 利用者の視点から)(大学教育と法律実務家養成)(九州大学大学院法学研究科)、九州大学「法政研究」 Vol.66, No.4(20000327) pp. 1619-1625
  6. ^ 阿部 一正、p.1624