牧山弘恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗参議院議員 牧山 ひろえ
生年月日 1964年9月29日(50歳)
出身地 日本の旗 東京都新宿区
出身校 国際基督教大学教養学部語学科
トーマス・クーリー法科大学院
学位・資格 学士
J.D.
弁護士アメリカ合衆国
前職 TBSテレビディレクター
アメリカ合衆国弁護士
所属委員会 法務委員会
政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会(委員長)
憲法審査会
世襲
選出選挙区 神奈川県選挙区
当選回数 2回
所属党派 民主党
党役職 広報副委員長
神奈川県総支部連合会副代表
会館部屋番号 参議院議員会館1007号室
ウェブサイト 牧山ひろえ
テンプレートを表示

牧山 弘恵(まきやま ひろえ、1964年9月29日 - )は、日本政治家弁護士アメリカ合衆国)。民主党所属の参議院議員(2期)。

来歴[編集]

東京都新宿区生まれ[1]1987年国際基督教大学教養学部語学科を卒業し、TBSテレビに入社(TVディレクター)。1991年アメリカ合衆国トーマス・クーリー法科大学院を修了し、同年からニューヨークのマークス村瀬法律事務所に勤務する。1993年アメリカ合衆国司法試験ニューヨーク州コネチカット州)に合格し、アメリカ合衆国内において弁護士活動を行った。

2005年民主党が実施した候補者公募に応募し、合格。同年10月の参議院神奈川県選挙区補欠選挙に民主党公認で出馬したが、前外務大臣川口順子に惜敗。2007年7月、第21回参議院議員通常選挙に再び神奈川県選挙区から民主党公認で出馬し、初当選。

2012年9月の民主党代表選挙では、現職の野田佳彦内閣総理大臣の再選を支持し、野田の推薦人に名を連ねた。

2013年7月、第23回参議院議員通常選挙に、定数が4に増員された神奈川県選挙区から民主党公認で出馬。島村大(自由民主党)、松沢成文みんなの党)、佐々木さやか公明党)の当選が確定した後、残る1議席を畑野君枝日本共産党)と争い、2万票弱の僅差で畑野を振り切り、再選[2]

政策・主張[編集]

その他[編集]

選挙費用に関する「勘違い」[編集]

2007年第21回参議院議員通常選挙で初当選した直後の8月4日、TBS系列のみのもんたのサタデーずばッとに出演した際、公職選挙法で定められた法定選挙費用をオーバーし、事実上選挙違反を認める発言を行った[7]。牧山のこれらの発言に対し、同席していた原口一博衆議院議員(民主党)から「そんなことないですよ。だって、法定選挙費用をオーバーしていたらあなた失格だよ」と指摘された。8月6日、牧山事務所が「牧山本人が法定選挙費用を数字的に誤解し、選挙前に使った費用を加えている。選挙中に使ったのは法定選挙費用の5分の1程度。街宣車を5、6台回した、というのも公示前」というコメントを発表し[8]、後に提出された収支報告書に記載された選挙費用は約1359万円で法定選挙費用の5925万円に収まっていた。

所属団体・議員連盟[編集]

  • 民主党脳卒中対策推進議員連盟(事務局次長)
  • 民主党・日本の海運を考える議員連盟
  • 民主党中小企業政策推進議員連盟
  • 海事振興連盟
  • 日本・ベナン友好議員連盟
  • 民主党東アジア共同体議員連盟
  • 民主党税理士制度推進議員連盟
  • 民主党土地家屋調査士制度推進議員連盟
  • 養鶏問題に関する議員連盟
  • 参議院日仏友好議員連盟
  • 通貨事業などに関する政策議員懇談会
  • 日本ニュージーランド議員連盟
  • 日本スウェーデン友好議員連盟
  • 民主党私学振興推進議員連盟
  • 民主党港湾振興議員連盟
  • 民主党ツーリズム推進議員連盟
  • 民主党消防政策議員懇談会
  • 民主党行政書士制度推進議連
  • 民主党有床診療所を応援する議員連盟
  • 世界の子どもたちのためにポリオ根絶をめざす議員連盟
  • 民主党たばこ産業政策議員連盟
  • 民主党知的財産制度改革推進議員連盟
  • 民主党日本・ラオス友好議員連盟
  • 人づくり・モノづくり日本の教育を支える会
  • 国民の安心の医療を目ざす民主党看護議員連盟
  • 不動産団体議員連盟
  • 民主党司法書士制度推進議員連盟
  • 政府関係法人政策議員懇談会
  • 民主党日本バス議員連盟
  • 民主党クリーニング業振興議員連盟
  • 民主党トラック議員連盟
  • 民主党歯科医療議員連盟
  • 民主党タクシー政策議員連盟
  • 安心社会の構築に向けたリハビリテーションを考える議員連盟
  • 民主党ワイン産業振興議員連盟
  • 民主党弁理士制度推進議員連盟
  • 駐留軍労働政策議員 懇談会
  • アフリカ開発会議横浜誘致議員連盟
  • 公営競技政策議員懇談会
  • フランチャイズを考える議員連盟
  • 民主党適切な医療費を考える議員連盟
  • 民主党公務労働政策議員懇談会
  • 情報通信議員連盟
  • ライフ・アシスト・ポイントで内需を振興する議員連盟
  • 協同組合研究振興議員連盟
  • 中小企業等金融債務者保護推進議員連盟
  • 民主党医療技術者政策推進議員連盟
  • 民主党LPガス議員連盟
  • 民主党建設労働議員懇談会
  • 生活衛生業振興議員連盟
  • 民主党獣医師問題議員連盟
  • 不活化ポリオワクチンの早期導入に向けた議員勉強会

著書[編集]

  • 『30日間で立派な淑女になる方法』(牧山 Ruby 弘恵名義 KKベストセラーズ 1997年 ISBN 9784584158777

脚注[編集]

  1. ^ 時事ドットコム:国会議員情報 牧山 弘恵(まきやま ひろえ)
  2. ^ 【参議院神奈川県選挙区選出議員選挙】開票速報
  3. ^ 民主党ホームページ:【参院外防委】解散し新しい議員で国際貢献の議論を 牧山議員
  4. ^ 超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ
  5. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会
  6. ^ 共同通信2009年4月25日
  7. ^ 発言の内容は、2台が上限の街宣車を「選対の方針で5、6台車を回した」、法定選挙費用に収まったかを問われ「やっぱりオーバーしました」等。
  8. ^ 『選挙費オーバー「勘違い」…民主牧山氏謝罪』スポーツ報知 2007年8月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
前田武志
日本の旗 参議院政治倫理の確立及び
選挙制度に関する特別委員長

2014年 -
次代:
現職