租税特別措置法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
租税特別措置法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和32年法律第26号
効力 現行法
種類 租税法
主な内容 租税などについて
関連法令 所得税法法人税法相続税法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

租税特別措置法(そぜいとくべつそちほう、昭和32年3月31日法律第26号)は、国税に関する特例を定めた日本法律である。租税特別措置法(昭和21年法律第15号)を全部改正して制定された。

概要[編集]

所得税法法人税法相続税法地価税法登録免許税法消費税法酒税法たばこ税法揮発油税法地方道路税法石油石炭税法航空機燃料税法自動車重量税法及び印紙税法に対する特別法に位置付けることができると共に、国税通則法において規定される利子税等の割合に関しても特例を置いている。

租税特別措置法の各規定は、概ね非常に長文である。例えば、同法55条(海外投資等損失準備金)は27項に渡り、更に同条に対応する政令(租税特別措置法施行令33条の2)は25項、規則(租税特別措置法施行規則21条)は9項に及ぶ。

また、同法は毎年のように改正され、制度の改正、廃止、新設が頻繁である。これらのことが国民の目から見て税金に関する法規が難解とされる一つの原因となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]