複数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

複数(ふくすう)とは、1より多くの数に対するおよび個数の名称である。これに対し、1の場合は単数ということもある。

言語学では、複数とは「2個以上」の数量を表現する、量(文法的な)の概念として使用される。典型的には名詞に適用されるものであり、複数形となった単語、もしくは形態素によって、名詞の標準状態での数量(通常1個)とは異なる数量であることが示される。複数という概念は多くの言語で普遍的に見られ、その表現は言語によって様々である。具体的には、独立した語、接辞、アクセントや暗黙的な標識/文脈といった形態論的表現、が挙げられる。日本語などのように、通常は複数でも変化しない言語も存在する。

英語では、単数/複数はありふれた文法的な数の概念に過ぎず、一部例外として双数が存在する。(例: "both"、"twice"、"either" など。)

数での複数[編集]

数において複数とは1より多い(つまり2以上)の個数を一括りで表現した表現である。複数に含まれないのは、単数負数などであり、通常は小数分数も含まない。

主に個数に対して扱い、長さや体積などに対しては複数という言葉は使用されない。ただし、年などには複数年などのように使用される。

日本語では、複数という表現の場合には、あまり大きな数を含めないことが多い。

名詞の複数形[編集]

名詞の複数性が(1)標示されない言語、(2)任意で標示される言語、(3)義務的に標示される言語がある。また、複数性の標示は、名詞の指すモノの有生性によって違う振る舞いをする。一般に、人間名詞は非人間名詞よりも複数性が標示されやすい。以下のようなタイプの言語がある (Haspelmath 2005: 142)。

  1. 名詞の複数形が存在しない。
  2. 人間名詞にのみ複数形が存在し、標示は任意である。
  3. 人間名詞にのみ複数形が存在し、標示は義務的である。
  4. 全ての名詞に複数形が存在し、標示は常に任意である。
  5. 全ての名詞に複数形が存在し、標示は無生名詞の場合任意である。
  6. 全ての名詞に複数形が存在し、標示は義務的である。

名詞句の複数性を名詞の語形変化(接辞重複声調、語幹の母音交替)で標示する言語のほか、複数性を表す語や接語を用いて標示する言語もある (Dryer 2005: 138)。

英語[編集]

英語では、複数形は通常 -s を付けるか(例: one cattwo catsone chairtwo chairs)、-es を付けて構成される(例: one bushtwo bushesone itchtwo itches)。一般に、-s無声子音、母音、有声の非歯擦音のいずれかで終わる全ての名詞に付けられる。一方 -es は歯擦音で終わる名詞に付けられる。e で終わる名詞は留意すべき例外で、歯擦音を形成する場合があるにも関わらず -s が使われる(例: one treetwo treesone beetwo bees)。

いくつかの複数形は、その語形においてさらに注意すべき変化をする。

  • y で終わる殆どの語は ies という形で複数形になる(例: one ladytwo ladiesone cherrytwo cherriesone citytwo cities)。
  • f あるいは fe で終わるいくつかの語は -ves という形で複数形になる(例: one leaftwo leavesone shelftwo shelves、ただし one rooftwo roofsone cafetwo cafes という例外もある)。
  • sis あるいは xis で終わる殆どの語は -ses-xes という形で複数形になる(例: one oasistwo oasesone axistwo axes

ラテン語ギリシア語に由来する語は、元の言語の複数形を使うことがある。

  • x で終わる語は -ces という形で複数形になることがある(例: one matrixtwo matricesone indextwo indices)。
  • us で終わる語はそれを -i に置き換えて複数形になることがある(例: one cactustwo cactione fungustwo fungi)。
  • um あるいは on で終わる語の一部はそれを -a に置き換えて複数形になる(例: one forumtwo foraone criteriontwo criteria)。


一部の語は、単数形と複数形が同じである(例: one sheeptwo sheepone aircrafttwo aircraft)。

辞書において、複数形 (plural) は一般に pl. と略記される。品詞タグ付け英語版の場合は、文法と意味的文脈に基づいて異なった種類の複数形を区別できるよう、また別の表記法をとる。

その他の言語[編集]

多くの言語には双数も存在する。様々な言語に存在するその他の文法的な数には、3個の対象を示す三数 (trial)、曖昧ながら少ない個数の対象を示す少数 (paucal) がある。双数、三数、少数を持つ言語において、複数はそれらより多い個数について当てはめられる。しかし、単数、複数、(種類は少ないが)双数以外は、非常に稀にしか見られない。日本語中国語といった助数詞を持つ言語は、示差的となる文法的な数の仕組みを全く持たないが、人称代名詞に複数形を持つ傾向がある(例: 彼ら你们)。

いくつかの言語(例えばアラビア語)には複数と大複数[訳語疑問点] (greater plural) の区別がある。大複数は、対象が非常に多くあることを示す。また少数、複数、大複数の区別は、しばしば対象の属性に関わってくる点にも注意が必要である。例えば少数がオレンジについて使われるならば、それは10個未満を意味するかもしれない。しかしある国の人口について使われるならば、それは20-30万人を意味するかもしれない。

オーストロネシア語族スルスルンガ語英語版リヒル語英語版(いずれもオセアニア諸語ニューアイルランド島グループ)は単数、双数、少数、複数、大複数を持つ。こうした言語は世界で最も込み入った文法的な数を持つ。

略語[編集]

名詞として使われている略語、数字、大文字の複数形を作る場合、単純に末尾へ小文字の s を付ける。

  • A group of MPs
  • The roaring '20s
  • Mind your Ps and Qs

単位の略語の複数形を表す場合、単数形と同じ形式を用いる。

  • 1 lb. あるいは 20 lb.
  • 1 ft. あるいは 16 ft.
  • 1 min. あるいは 45 min.

略語が止めのピリオドを複数持つ場合、オックスフォード・ルール英語版は最後のピリオドの後に s を付けるよう推奨している。

  • Ph.D.s
  • M.Phil.s
  • the d.t.s

しかし、他のスタイルガイドに従ったり、一貫性を維持するため、ややくだけて次のようにも表記できる。

  • PhDs
  • MPhils
  • the DTs. (これは New Oxford Dictionary for Writers and Editors で推奨されている形式である。)

オックスフォード・ルールによると、アポストロフィーは明示的にそれが必要とされるケースで稀に使われるものであり、例えば文字そのものやシンボルが対象となっている場合がそうである。

  • The x's of the equation
  • Dot the i's and cross the t's

しかし、対象が斜体であったり引用符で囲まれている場合、アポストロフィーは省略される。

  • The xs of the equation
  • Dot the 'i's and cross the 't's

ラテン語、および英語も含めヨーロッパ言語から派生した語形では、純粋に書記上の慣習として[1]、一文字の略語を重ね書きしてその複数形とすることがある。この殆どは筆記と出版物で見られる。2-3文字の略語でもこの方法は使われる。

単数略語 単数形 複数略語 複数形 分野
d. didot dd. didots 印刷
f. following line あるいは
following page
ff. following lines あるいは
following pages
注釈
h. hand hh. hands 馬の体高
l. line ll. lines 注釈
MS manuscript MSS manuscripts 注釈
op. opus opp. opera 注釈
p. page pp. pages 注釈
P. pope PP. popes
s. (あるいは §) section ss. (あるいは §§) sections 注釈
v. volume vv. volumes 注釈

ゼロ[編集]

単数形と複数形しか持たない言語であっても、ゼロの扱いは言語によって異なる。例えば英語、ドイツ語オランダ語イタリア語スペイン語ポルトガル語では、複数形はゼロと2以上で使われ、単数形は1でのみ使われる。一方、フランス語は単数形がゼロで使われる。

ロマンス諸語/ゲルマン語派とは違った興味深い現象がスラヴ語派バルト語派のいくつかで見られる。そこでは、数字の最後の桁が語形を決定する。現代のスラヴ語派の殆どは双数を持たないが、その名残を持つ。例えばポーランド語には単数形と複数形があり、さらに下1桁が2、3、4の数(ただし12、13、14は除く)に適用される特殊な形がある。ロシア語の場合、2、3、4では単数属格形のような終わり方をする語形の複数形が使われ、5以上では複数属格形が使われる。さらに、スロベニア語には純粋な双数が残っており、それは下1桁が2の数で使われる。セルビア・クロアチア語では、(2-4の小数に加えて)いくつかの名詞が加算複数[訳語疑問点] (counting plural) と集合複数[訳語疑問点] (collective plural) で別の形をとる。(後者は集合名詞として扱われる。)例えば「葉」の複数形には次の2パターンがある。すなわち、lišće(集合複数)は「木々から葉が落ち続けている」という場合に、一方 listovi(加算複数)は「何枚かの美しい葉がある」という場合に使われる。 スラヴ祖語に近い古代教会スラヴ語(古代スラヴ語)は、名詞だけでなく動詞も二つの語形をとり、その点で殆どサンスクリット語に近い。 ラテン語は強い屈折語インド・ヨーロッパ祖語に近いものの、双数を持たず、研究者によってはイタリック語派ケルト語派の祖語でそれが失われたと言う者もいる。

実例[編集]

英語の場合、質量名詞と抽象名詞が複数形をとる例は少ない。by the waters of Babylon(バビロンの流れのほとりで)というフレーズは単なる詩的な言い回しだが、質量名詞 water が複数形をとると、その水が他所の土地から、他所の土壌と共に流れてきたという意味を持つ[2]。同様のことが Different waters make for different beers(水が違えば出来るビールも違う)というフレーズにも言える。同じく、抽象名詞 physics(物理現象)は茫漠とした単一の概念だが、近年のコンピュータゲームの一機能という意味においては、(物理シミュレーションによる)物理現象の異なった動作を指すものとして、語形変化を伴うことなく、複数扱いが可能である。例えば Throughout the history of the game series, the physics have improved(このゲームではシリーズを通じて、物理シミュレーションの進歩が見られる)という具合である。

品詞タグ付け[編集]

品詞タグ付け英語版においては、文法と意味的文脈に基づいて異なった種類の複数形を区別するため、別の表記法が使われる。何種類に分けるかはまちまちで、例えば Penn-Treebank タグセット(総タグ数36個)では、NNS - noun, pluralNPS - Proper noun, plural の2種がある。一方 CLAWS 7 タグセット(総タグ数149個)では、NN2 - plural common nounNNL2 - plural locative nounNNO2 - numeral noun, pluralNNT2 - temporal noun, pluralNNU2 - plural unit of measurementNP2 - plural proper noun の6種がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Corbett, Greville. 2000. Number (Cambridge Textbooks in Linguistics). Cambridge University Press.
  • Dryer, Matthew S. 2005. “Coding of nominal plurality” Haspelmath & Bibiko (ed.) pp. 138-141.
  • Haspelmath, Martin. 2005. “Occurrence of nominal plurality” Haspelmath & Bibiko (ed.) pp. 142-145.
  • Haspelmath, Martin & Hans-Jörg Bibiko (ed.) 2005. The world atlas of language structures vol. 1. Oxford University Press.
  • GNU gettext utilities (section 11.2.6 - Additional functions for plural forms) (Treatment of zero and the plurality based on the final digits)

脚注[編集]

  1. ^ 『コンサイス英文法辞典』 安井稔(編)、三省堂、1996年、p.572。ISBN 978-4385151878
  2. ^ 『英語語法大事典』 渡辺登士(編)、河上道生(編)、村田勇三郎(編)、福村虎治郎(編)、小西友七(編)、大修館書店、1995年、第4集、p.9。ISBN 978-4469042054。「waters の複数形ですが … 文法書ではこれらを「強意の複数」 (Intensive plural) の例としていますが、多く文学作品ことに詩で使われます。そして具体的な物を意味するときは広大な拡がり、連続・集積などを意味します。