ユーノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マツダ > ユーノス

ユーノス (Eunos) とは、1989年から1996年まで存在したマツダ自動車ブランドである。当時販売系列がマツダ、マツダオート (後のアンフィニ、現マツダアンフィニ)、オートラマの3つであったマツダがトヨタ自動車日産自動車と同様に販売系列を5系統持とうとして(マツダ5チャンネル化)生まれたブランドである。その中でユーノスはプレミアムブランドとして位置付けられる。

概要[編集]

この計画は当時からかなり無謀と言われ、そして短期間で証明されてしまった。この戦略にはネームバリューの低かった「マツダ」ブランドを隠す意味合いもこめられていたようで、「ユーノス」を外国ブランドと思っている消費者も確かに存在する。

その存在は儚いものだったが、ユーノスロードスターという名車を輩出できたことには大きな歴史的意味があった。また、ロードスターのほかにも世界で唯一3ローターのロータリーエンジンを搭載し、かつ世界ではじめてGPSナビゲーションシステムを装備したユーノス・コスモ、かのジョルジェット・ジウジアーロがデザインを絶賛したユーノス500ミラーサイクルエンジンと4WSを搭載したユーノス800、イタリアンテイストあふれるクーペボディに当時世界最小排気量のV6エンジンを搭載したユーノス・プレッソなど、次々に個性豊かな車を作った。

1996年に「アンフィニ」系列と統合し「マツダアンフィニ」になる。

ユーノスのエンブレム十二単の襟部分がモチーフとなっている。 Eunosはラテン語のEu(喜び)と英語のNumbers(集まり)からの造語で「よろこびのコレクション」の意味である(車名の由来)。

アマティ計画[編集]

当時マツダは、国外でもマツダブランドとは別に「アマティ」 (Amati)と呼ばれるプレミアムブランドの展開を計画していた。後述するアマティ1000を中核に、1994年春より北米で展開する予定であったアマティ計画は、アマティブランドのシンボルマークを発表していたのにも関わらず、マツダの経営状況悪化のために全てがキャンセルされた。これに伴い、国内でもユーノス1000として販売される予定であった、4,000cc V12(3列型W12:4気筒×3)エンジンを搭載するアマティ1000と呼ばれる大型セダンプロジェクトも中止される事となった。この時にはアマティ1000の試作車は既に完成しており、開発そのものも終盤にかかっていたことから、アマティ計画の中止はかなり突然であった、という情報もある。計画中止に前後して、一部自動車雑誌には、最終試作に近いであろうアマティ1000のスクープ写真が流出した。また、アマティ500として北米市場に投入される予定だったユーノス800は、アマティ計画の中止を受け、マツダ・ミレーニアの名称で販売されることとなった。

一方、欧州では「クセドス」 (Xedos) ブランドで、ユーノス500(クセドス6)とユーノス800(クセドス9)が販売された。ただし、専用ディーラーの展開はなく、既存のマツダの販売網を活用したものであった。この他、香港オーストラリアにも「ユーノス」店が一時期展開されていた。

アマティブランド展開直前にマツダから公表されたシンボルマークは、日産シーマのオーナメントに酷似したものであった。

ビジネススタイル[編集]

全国統括会社として「株式会社ユーノス」を設立。マツダではなく、あくまでもユーノスからの販売という建前になっていた。車検証でマツダではなくユーノスの表記になっているものがあるのはそのためである。

また、ラインナップ補完のためにシトロエンの輸入権を取得。西武自動車販売と併売(競争関係)でシトロエンBX、エグザンティアなどを販売した。

店舗展開の際、高級感のある店舗が建てられたが近年のように統一されたデザインとなっておらず、他にも「アンフィニ店やマツダ店との複合店舗」「ビルやショッピングセンターのテナント」といった展開もあった。また、「オカジオン(occasion)」[1]という名で認定中古車制度も作り、同名の中古車用店舗も全国に設けた。

ディーラー網拡大においては、オートラマの運営で実績のある「異業種資本参入」方式を積極的に進めた。ロードスターの話題性もあって、全国のマツダ販売会社のみならず、あらゆる業種がユーノス販売網に参加し、ピーク時には148社が参加していた[2]。しかし、ユーノスブランドの業績不振で撤退が続出し、そして1996年のアンフィニ店統合にてほとんどの企業が撤退した。残った店は、マツダアンフィニ店かフォード店に看板を替えて営業した。

ユーノス店が廃止になっても1998年までシトロエンの輸入権は継続され、旧ユーノス店だったマツダアンフィニ店での販売で、新西武自動車販売との併売体制が維持された。マツダがシトロエン車の販売を終了しても、一部の旧ユーノス店経営法人が個別に新西武自動車販売の正規ディーラー権を取得しシトロエン車の販売を継続した。しかし2001年シトロエン・ジャポンが発足すると専売店化の施策が推進され、マツダ車と同一店舗でシトロエン車を販売していた旧ユーノス店はシトロエンの正規ディーラー権を返上した。

車種一覧[編集]

過去の販売車種[編集]

販売された車は以下のとおり。

PROJECT EUNOS[編集]

販売されていた車にはそれぞれ番号が振られていた。CMやカタログで確認できる。

  • PROJECT EUNOS 1…ロードスター『人とクルマはどこまでひとつになれるか。』
  • PROJECT EUNOS 2…BX『日本のクルマ社会をよりヒューマンなものにしたい。』
  • PROJECT EUNOS 3…300『「美意識あるスポーツ」をセダンで問いたい。』
  • PROJECT EUNOS 4…100『スポーツセダンの新しいカタチを創りたい。』
  • PROJECT EUNOS 5…カーゴ
  • PROJECT EUNOS 6…コスモ『最上の「私」であるために、クーペの頂点を極めたい。』
  • PROJECT EUNOS 7…AX『日本のタウン・カーを愉快にしたい。』
  • PROJECT EUNOS 8…XM『日本の高級車にオリジナリティを問いたい。』
  • PROJECT EUNOS 9…プレッソ『スポーツの新しいフィールドをつくりたい。』

脚注[編集]

  1. ^ フランス語で「中古」の意味
  2. ^ 1997年10月27日日経産業新聞記事より