マツダ・ユーノス300

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユーノス300EUNOS 300 )は、マツダが展開していた販売店ブランドユーノスで、1989年から1992年にかけて販売された、Dセグメントに属する4ドアハードトップサルーンである。

概要[編集]

マツダ・ユーノス300
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1989年 - 1992年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドア サルーン
エンジン F8-DE型 1,789cc 直列4気筒
JE-ZE型 1,998cc 直列4気筒
最高出力 84kW(115PS)/6,000rpm
110kW(150PS)/6,500rpm
最大トルク 156Nm(16.0kgm)/5,000rpm
184Nm(18.8kgm)/4,500rpm
変速機 5MT
4AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ストラット
後:ストラット
全長 4,550mm
全幅 1,695mm
全高 1,335mm
ホイールベース 2,575mm
車両重量 1,220kg-1,280kg
トレッド 前:1,460mm
後:1,465mm
最小回転半径 5.4m
-自動車のスペック表-

1989年10月から販売が開始された。ユーノス300は、当時マツダが推し進めていた販売店舗網の多チャンネル化に伴い、1988年11月に販売されていたペルソナをベースに、フロントグリルや丸型4灯テールランプといった主要パーツの一部意匠変更を施したバッジエンジニアリングモデルで、同社が展開していた販売店ブランドユーノスのミディアムモデルとして位置づけられていた。

主要パーツの一部意匠変更のほか、ペルソナには装着されないスポーツシートや灰皿がユーノス300の専用装備として設けられるなど両車との差別化は図られたものの販売は思うように振るわず、最終的に4,746台が生産されるにとどまるなど苦戦を強いられた。

なお、ユーノス300の販売はペルソナの生産終了に伴い1992年をもって打ち切られている。

ラインナップ[編集]

グレード名称 生産年度 車両型式 排気量 新車価格 備考
1.8 タイプA (5MT) 1989年10月-1992年4月 E-MA8PE 1,789cc 191.0万円 ペルソナとの主な相違点
・外装:カラーフォグランプ、丸型4灯テールランプ、リアスポイラーの標準装備化。
・内装:スポーツシート、4本スポークステアリング、灰皿の標準装備化。
1.8 タイプA (4AT) 200.3万円
1.8 タイプB (5MT) 204.2万円
1.8 タイプB (4AT) 213.5万円
2.0 タイプA (5MT) E-MAEPE 1,998cc 210.0万円
2.0 タイプA (4AT) 219.3万円
2.0 タイプB (5MT) 223.2万円
2.0 タイプB (4AT) 232.5万円
1.8 タイプX (4AT) 1991年3月-1992年4月 E-MA8PE 1,789cc 211.3万円 BBS社製アルミホイールなどを装着した特別仕様車「タイプX」を新設定。
2.0 タイプX (4AT) E-MAEPE 1,998cc 228.3万円


関連項目[編集]

外部リンク[編集]