フォード・フェスティバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォード・フェスティバマツダ起亜自動車が生産し、フォードの販売網で日本や米国などで発売されたサブコンパクトカー(バジェットカー)である。

歴史[編集]

初代(1986年~1993年)[編集]

フォード・フェスティバ(初代)
日本国内向け 1.3 SX
Ford Festiva 003.JPG
北米向け GL
Ford Festiva rear -- 10-24-2009.jpg
販売期間 1986年 - 1993年
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドア/5ドアハッチバック
4ドアセダン
5ドアステーションワゴン
エンジン B3型 1.3L 直4 SOHC
64ps 10.4kg・m
B1型 1.1L 直4 SOHC
52ps 8.8kg・m
変速機 4速MT/5速MT/3速AT
駆動方式 FF
全長 3475mm
全幅 1605mm
全高 1460mm
ホイールベース 2295mm
車両重量 700 - 780kg
-自動車のスペック表-

マツダが開発して当時のオートラマ(現フォード店)で販売されていた車種。3ドアハッチバックでブリスターフェンダーがデザイン上の特徴である。直列4気筒SOHCの1100ccと1300ccが用意された。また、商用車仕様として室内後部を荷室優先の造りとしたフェスティバ・カーゴ(CARGO)も存在した。 エンジンは後にファミリアにも採用される事になるB型エンジンでこれは新規開発されたものだった。1100ccは4速マニュアルのみ、1300ccは5速マニュアルと3速ATが用意されていた。フロントダッシュボード内にクーラーボックスを備え、リアシートスライド機能やリアシートリクライニング機能、全席フルフラットにもなる多彩なシートアレンジメントが可能であった。これらの特色は、発展型となるマツダ・デミオにも引き継がれる事になる。

キャンバストップと呼ばれるオープンカー気分が味わえるサンルーフと、ヨーロピアンテイストのスタイルが人気を集める。

尾崎亜美の音楽とともに田中康夫がフェスティバのPVに起用され、キャンバストップを自分の言葉で語るなど、宣伝にも力が入れられ、オートラマオリジナルブランドの車両として、そのイメージを牽引する役目を担っていた。

代表格のキャンバストップの他に、車内からスイッチでコントロール出来る減衰力可変式ショックアブソーバーを備えた「S」や、その後のマイナーチェンジで、フル革張りの内装を持つ「GHIA」、ファミリア用1.6L(B6型)エンジンをショートストローク化した、1.3L 88psのBJ型 DOHCエンジンを搭載した「GT」と「GT-X」なども追加された。

またモデル末期には「GT-X」をベースに、ドイツのスカラ社がデザインした、往年のアバルトアルファ・ロメオの雰囲気にも通ずる、ロッソコルサ(イタリアレーシングカーナショナルカラーである、鮮やかな)の外板色に、丸型ヘッドライトのフロントフェイスを持つ「GT-A」が、300台限定で発売されている。実際のレーシングカーの識別色よろしく、鼻先のみに塗り分けられており、派手な外観を好まない向きには、識別色なしで赤一色のモデルも用意された。外板や前後バンパーの変更により重量がわずかに増加しており、それに伴う排出ガス規制の重量ランクの変更による再申請を不要とするため、メーカー出荷時にエアコンは装着されておらず、ディーラー取り付けとされた。「GT-A」の企画は、無類のエンスージアストとしても知られ、当時オートラマに在籍し、現在はモータージャーナリストとフリーランスアナウンサーの二足のわらじを履く、中島秀之が手がけた。

ヨーロッパではMazda121という名称で販売された。またこの車のプラットフォーム、マツダ・DAプラットフォームから2代目フェスティバ、オートザム・レビュー、マツダ・デミオ用の各プラットフォームが派生している。

キア・プライド(第1世代)[編集]

韓国の起亜自動車ではプライドPride)という名称で生産・販売されていた。プライドはアメリカへ輸出され、フェスティバとして販売されていた。またこのプライドには5ドアハッチバック、セダン(プライド・ベータ)、ワゴンもあり、モデル末期には日本にも5ドアとセダンが相次いで輸入され、それぞれフェスティバ5フェスティバβとして販売された。韓国からの輸入車で、日本へは左ハンドルのまま販売された。なお、現在販売されている第2世代のプライドに関してはキア・リオを参照のこと。

2代目(1993年~1997年)[編集]

フォード・フェスティバ(2代目)
フロント(日本仕様)
1993 Ford Festiva.JPG
1.5 SX(リア)
Ford Festiva 006.JPG
販売期間 1993年 - 1997年
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドア/5ドアハッチバック
4ドアセダン
エンジン B3-MI型 1.3L 直4 SOHC
76ps 10.2kg・m
B5-ME型 1.5L 直4 SOHC
100ps 12.1kg・m
変速機 5速MT/4速AT
駆動方式 FF
全長 3825mm
全幅 1670mm
全高 1440 - 1470mm
ホイールベース 2310mm
車両重量 820 - 940kg
-自動車のスペック表-

北米豪州市場の意向に沿うかたちで、デザインが大幅に変更され、クーペ風の外観になった。質感が低く大味なスタイリングと、後部座席の閉塞感が敬遠され、日本では販売不振に陥った。

エンジンは1気筒当たり4バルブ化された直列4気筒SOHCの1.3Lと1.5Lを採用。シャシーは新たにマツダ・Dプラットフォームを採用しているものの、基本的にはDAプラットフォームに小改良を行った流用である。

また旧型の GT / GT-X にあたるスポーツモデルの設定がなかったため、DOHCエンジンは搭載されなかった。 1996年に実質的後継車にあたるフェスティバミニワゴンが発売されたが、しばらくの間は2代目も併売された。

キア・アヴェラ[編集]

2代目も起亜からアヴェラ(Avella)の名称で生産された。プライド同様、こちらにも5ドアやセダン(アヴェラ・デルタ)が存在する。ちなみにアヴェラは新規車種としてプライドと併売された。途中のマイナーチェンジで「デルタ」の名に統一された。アヴェラもプライドと同様にアメリカへ輸出され、フェスティバの後継車としてフォード・アスパイア(Aspire)の名で販売された。台湾でも「フォード・フェスティバ」(4ドア・3ドア・5ドア)として販売されたり、オーストラリアやニュージーランドではフェスティバの名称で、右ハンドル仕様が販売された。


3代目(1996年~2002年)[編集]

フォード・フェスティバミニワゴン(3代目)
1996 Ford Festiva Miniwagon.JPG
販売期間 1996年 - 2002年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアステーションワゴン
エンジン B3-ME型 1.3L 直4 SOHC
83ps 11kg・m
B5-ME型 1.5L 直4 SOHC
100ps 13kg・m
変速機 5速MT/4速AT/3速AT
駆動方式 FF
全長 3800mm
全幅 1650mm
全高 1500 - 1535mm
ホイールベース 2390mm
車両重量 910 - 990kg
-自動車のスペック表-

正確にはフェスティバは2代目で終焉を迎えることになったが、モデル末期にマツダ・デミオのOEM車両として併売されていたフェスティバ・ミニワゴンがフェスティバの名称を受け継ぐ事になった。

しかし2002年に入り、フォード・ジャパンOEM車両の併売から欧米車のみの販売へと方針が転換され、本家デミオのフルモデルチェンジと、新型フィエスタの輸入開始を機にフェスティバ・ミニワゴンの販売を終了し、16年にわたるフェスティバの名称が消滅した。

関連項目[編集]