フォード・レーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レーザー(LASER)はフォード・モーター自動車である。マツダファミリアをベースにした乗用車で、日本では1982年から2000年までにフォードの販売網「オートラマ」で販売された。

概要[編集]

1979年にフォードとマツダは資本提携し、フォードはアジアオセアニア環太平洋地域向けの小型車の開発生産をマツダに任せることにした。そのアライアンスの一環として企画された。

プラットフォームは、ファミリア同様マツダ・Bプラットフォームが採用されていた。日本国内ではマツダの工場で生産され、日本国外ではアジアやオーストラリアなどへ輸出もしくは現地生産された。

レーザーのネーミングは主にアジアを含む南半球で使用され、北半球はエスコートとネーミングされている。ただし、ヨーロッパ・フォードには既にエスコートがあり、ヨーロッパのみ同名・別物の車であった。レーザー/エスコートは米本国はもちろん、メキシコ南アフリカなど各国で製造・販売された。

歴史[編集]

初代(BE型 1982-1985年)[編集]

初代レーザー(5ドアハッチバック)
  • 1981年3月 オーストラリアで生産・販売開始。4ドアセダンの兄弟車として en:Ford Meteorがあった。
  • 1982年10月 日本国内で生産・販売開始。ボディは4ドアセダンと3ドア&5ドアハッチバック。エンジンは1.5L(E5型)のガソリンが与えられた。
  • 1983年6月 3ドア車に1.5L EGI及びEGIターボが追加。上級グレードはドアミラーが標準装備。


2代目(BF型 1985-1989年)[編集]

2代目レーザー(3ドアハッチバックフルタイム方式4WD)
2代目レーザー(4ドアセダン)
  • 1985年1月 フルモデルチェンジ。ボディ構成は変わらず。エンジンはE5型1.5L(キャブ、EGI、EGIターボ)に加えE3型1.3Lガソリンが登場。
  • 1985年7月 1.7Lディーゼル(PN型)追加
  • 1985年10月 3ドア車に日本初となるフルタイム方式4WDが追加。同時にB6型1.6LDOHCターボエンジンが追加。
  • 1986年3月 カブリオレ追加。3ドアハッチバック車をベースとしている為、ショートデッキスタイルなのが特徴。エンジンはE5型1.5Lターボのみの設定。
  • 1987年3月 マイナーチェンジ。セダンに4WDが追加。E5型、E3型がそれぞれB5型、B3型エンジンへと換装。それに伴い1.5Lに設定されていたEGI及びEGIターボは廃止。カブリオレはB6型に換装。


3代目(BG型 1989-1994年)[編集]

3代目レーザー(クーペ)
3代目レーザー(セダン)
  • 1989年4月 フルモデルチェンジ。ファミリアより2か月遅れて販売開始されボディ外板はファミリアとは全く別物となっている。ボディは4ドアセダンとレーザー専用ボディーである3ドアクーペの2タイプが用意。エンジンはB6型1.6L DOHC、B5型1.5L DOHC&SOHC、B3型1.3L SOHCのガソリンとPN型1.7L ディーゼルが用意。
  • 1989年8月 フルタイム4WDが追加。エンジンはBP型1.8L DOHCとB6型1.6L SOHCガソリンの2タイプで1.8Lにはターボが装着されている。
  • 1991年1月 マイナーチェンジ。エアコンは代替フロン化。


4代目(BH型 1994-1998年)[編集]

  • 1994年6月 フルモデルチェンジ。又ファミリアと外板の共通化が図られる。ボディは4ドアセダンと3ドアハッチバックの2タイプだかハッチバック車はファミリアと異なる丸目ライトで個性を持たせている。エンジンは当初ガソリンのみで全車DOHC化され、BP-ZE型1.8L、Z5-DE型1.5L、B5-DE型1.5Lの3タイプ。
  • 1994年9月 セダンにZ5-DEL型リーンバーンエンジン搭載車が登場。
  • 1994年10月 セダンに1.7Lディーゼルターボが追加。但しマツダ製のPN型ではなくいすゞ製の4EE1型が搭載されている。ディーゼルエンジン搭載車はボンネットにエアダクトが装着されている(インタークーラー設置の為)。同時にフルタイム4WD車が追加(エンジンは前記のディーゼルとB6-DE型1.6Lガソリンの2タイプ)。
  • 1995年 オーストラリア・シドニーのHomebush工場が閉鎖され、オセアニア向けも全て日本からの輸出となった。なおオセアニア向けには日本国内では販売されなかったLIATAという名の5ドアハッチバックも存在した。丸目ライトの3ドアハッチバックの名称はLYNX
  • 1996年10月 マイナーチェンジ。ファミリア3ドアNEOは販売不振のため新規デザインの3ドアハッチバックボディに刷新されたが、レーザーはNEOのボディをそのまま継続する。


5代目(BJ型 1998-2000年)[編集]

リンクス(Lynx)(国外仕様)
レーザーリデア
写真は台湾仕様「ティエラ」(TIERRA)のタクシー仕様
レーザーリデア ワゴン(日本仕様)
  • 1998年12月 フルモデルチェンジ。車名がレーザーリデア(LASER LIDEA)へと変更。ボディは4ドアセダンと5ドアワゴンの2タイプ。エンジンはFP-DE型1.8L、ZL-DE型1.5L、B3-ME型1.3LのガソリンとRF型2.0Lディーゼルが選べる。1.8Lと1.5Lにはフルタイム4WDが用意され、1.8LはビスカスLSD付、1.5Lはロータリーブレードカップリング式のリアルタイムが設定されていた。
  • 2000年3月 フォーカスの日本導入に伴い生産中止となる。
  • 2002年 オセアニア市場でもフォーカスの導入に伴い販売中止となる。


関連項目[編集]