マツダ・Dプラットフォーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マツダ・Dプラットフォームとは、マツダサブコンパクトカー向けの自動車用プラットフォームの名称である。マツダおよびフォード・モーターの車両で使われていた。このプラットフォームを用いる車両のVINコードは、先頭がDから始まる。

Dプラットフォームのうち、DL(1991年 - 1995年)およびDG(1999年 - )プラットフォームはスズキの軽自動車向けプラットフォームのVINコードであり、この項目からは除外する。

DA[編集]

DAは、初代フェスティバ向けのプラットフォームである。

D[編集]

Dは、2代目フェスティバ向けのプラットフォームである。

DB[編集]

DBは、オートザム・レビュー向けのプラットフォームである。

DW[編集]

DWは、DBのマイナー変更版で、マツダ・デミオ向けのプラットフォームである。

DY[編集]

DYは、マツダとフォードのプラットフォーム共通化により、フォードでも用いられているプラットフォームである。フォードでの名称は、フォード・B1プラットフォームである。

DE[編集]

DEは、DYに引き続き、フォードと共同開発されたプラットフォームである[1]。フォードでの名称は、フォード・B3プラットフォームである。

  • 2007- マツダ・デミオ / Mazda 2

脚注[編集]

  1. ^ ただし、DYがフォード主導で開発されたのに対し、DEはマツダ主導で開発された。