マツダアンフィニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マツダ > マツダアンフィニ

マツダアンフィニ (Mazda ɛ̃fini) とはマツダの販売チャネルの一つである。かつては「アンフィニ店」と呼ばれていた。

歴史[編集]

初期店舗サイン

前身は「マツダオート店」である。商用車に強いマツダ店と異なり乗用車中心のラインナップであり、RX-7コスモMPVエチュードは原則としてオート店専売だった。

1989年、これまでのマツダ店・マツダオート店・マツダモータース店・オートラマ店(現フォード店)に新たにユーノスオートザムを加え、5チャンネル体制を完成させた。これによりマツダモータース店は廃止された。

さらに1991年、マツダ5チャンネル化の集大成としてこれまでの「マツダオート店」の名称を「アンフィニ店」に変更した。

ディーラーのイメージカラーは緑であり、コンセプトは「すべてのお客様を『ゲスト』と考える、『新お客様発想』」「無限の喜びを提供する」であった。広告はユーノス同様「マツダ」の名前を完全に伏せて展開した。

全国ディーラーの統括はマツダが直接行い、ディーラーの経営法人の名前も「株式会社マツダオート(各地域の名称)」から「株式会社アンフィニ(各地域の名称)」となった。

やがてバブル経済が崩壊してマツダの経営が傾きだし、1996年にはユーノス店とアンフィニ店が統合され、新たにマツダアンフィニ店となり、5チャンネル体制は終焉を迎えた。

ラインナップ[編集]

初期[編集]

ラインナップはこれまでの「ルーチェ」や「カペラ」といったペットネームを廃止し、専売車種はすべてアルファベットと数字の組み合わせで展開するというシステムを取っていた。各車種のアルファベットである「MS」は、英語で「大いなる思い」という意味の「Megalo Spirits」のことである。

また、同時にマツダブランドで売られていたマツダ・MPVはマイナーチェンジして「アンフィニ・MPV」に、マツダ・サバンナRX-7はRX-7として3代目のFD3S型へフルモデルチェンジして「アンフィニ・RX-7」へ名称変更した。発売当初は「マツダ店」との併売だったマツダ・センティア[1]、デビュー僅か半年後に「アンフィニ・MS-9」が発売されたことで、マツダ店専売車種になった。

マツダ色を完全に消してブランド専売体制を志向していたが、実際は一部車種がマツダブランド(マツダ店との併売)を含んでいた。

店舗統合後[編集]

マツダアンフィニ店となってからは、旧ユーノス店のユーノス・ロードスターユーノス・プレッソがラインナップに加わったが、この2車のみはマツダブランドに変更されずそのまま販売された。プレッソは販売終了後消滅したが、ロードスターはモデルチェンジ時に「マツダ・ロードスター」に名称変更した。

また、ユーノス店で扱っていたシトロエン車も、当時マツダが正規輸入権を持っていたために旧ユーノス店だった店舗にて販売されていたが1998年、正規輸入権の終了に伴いマツダでのシトロエン車販売を終了した。

売れ行きが悪い地方ではマツダアンフィニ店とマツダ店が統合され、RX-7がマツダ店で売られていたことがあった。

現在は、マツダアンフィニ店とマツダ店は同じラインナップになっており、近年のディーラー網再編により、アンフィニと名乗る店舗や法人は減りつつある。

過去に販売された車種[編集]

※RX-7、MPVはブランド廃止後、マツダブランドで販売。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1][リンク切れ]

関連項目[編集]