マツダ・R360クーペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マツダ・R360クーペ
R360クーペ
Mazda-r360-coupe01.jpg
リア
Mazda R360 Coupe 002.JPG
空冷V型2気筒エンジン
Mazda R360 Coupe V-twin engine 003.JPG
販売期間 1960年 - 1969年
デザイン 小林平治
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン
強制空冷76°V型2気筒
OHV4ストローク356cc
圧縮比 8.0
16PS/5,300rpm
2.2 kg・m/4,000rpm
変速機 KRBB型 4速MT
KRBC型 2速ATトルコン
駆動方式 RR
サスペンション 4輪
トレーリングアーム独立懸架
トーションラバースプリング
全長 2,980mm
全幅 1,290mm
全高 1,290mm
ホイールベース 1,760mm
車両重量 380kg
-自動車のスペック表-

マツダ・R360クーペは、マツダ(当時は東洋工業)の製造した軽自動車1960年に発売された。この車で、マツダは4輪乗用車市場に参入した。

戦後の日本車として、初めて「クーペ」を名乗った車である(戦前ではダットサンにクーペモデルが存在した)。

概要[編集]

1960年生産・販売開始。

価格は30万円で、当時のスバル360より安く設定された。開発リーダーは、後にロータリーエンジンの実用化に成功し、「ミスター・ロータリー」として知られた技術者の山本健一である。

ドアは2つで4人乗りだが、後部は非常に狭く、子供向けだった。このパッケージングは、このクラスであれば1人か2人での乗車が多く、本格的な4座に拘らず軽量化を優先するために2+2と割り切ったものである。これに限らず軽量化対策は徹底され、アルミニウム合金マグネシウム合金プラスチックなどの軽量な素材を多く用いている。

モノコックボディの造形は、既にマツダオート三輪のデザインを手がけた実績のある工業デザイナー小杉二郎(1915年 - 1981年)と、東洋工業社内デザイナーの手による。

尖ったノーズと凹んだヘッドライト回りの処理は、小杉が1950年代初頭以来手がけてきた既存のマツダ製オート三輪各モデルからのモチーフを踏襲したもので、機能を損なわずスマートにまとめられ、スバル・360同様に「ミニカーのデザイン」として完成度の高いものであった。全体にグラスエリアの広いことは特筆されるが、引き違い式のサイドウィンドーとリアウィンドーには軽量化のため、ガラスの代わりにアクリルを用いている。ヘッドライト周囲の凹み付けは、小杉が自動車デザインに限らず、自らの工業デザイン全般において機能上自然な「凹部」が求められる(もしくは許容される)際に好んで用いた定型的モチーフの一種で、彼自身はこれを「『うれしい』かたち」と称していた。

エンジンは同社のオート三輪、K360と同様の、排気量356cc、16馬力の強制空冷V型2気筒4ストロークOHVエンジンであるが、鋳鉄メインのK360とは異なり、基本はアルミ合金製であった。しかも動弁機構や補機類にはマグネシウム合金までも多用した軽量設計で、許容回転数は最大5,000rpmを超える、当時としては異例の高回転エンジンであった。その後しばらくの間マツダはアルミエンジンを「白いエンジン」と呼び、セールスポイントの一つとするようになった。このエンジンを車体後部に縦置きし、後輪を駆動するリアエンジン方式を用いる。

また、この車には、4速マニュアルトランスミッションのほか、軽自動車で初となる、トルクコンバーターを用いたオートマチックトランスミッション装備車が設定された。トルクコンバーターは岡村製作所製で、同社の「ミカサ・ツーリング」(1957年)に次ぐ採用である。この採用によって、下肢などに障害を持つ身体障害者でも運転を容易にした。軽自動車でのいち早い採用は、日本の自動車業界でも画期的と言える。

サスペンションは4輪ともにトレーリングアームの独立懸架で、ピボット部に内装されたゴム弾性を利用するナイトハルト式「トーションラバースプリング」を用い、軽量化を図りつつもソフトな乗り心地を得ている。リアエンジン車の標準となっていたスイングアクスルではなく、後輪にもトレーリングアームを使っていることで、対地キャンバー変化やジャッキアップ現象が抑えられている。また、ラバースプリングを圧縮、引張方向で使うBMC・ミニに比べ、ゆったりとした振幅となっている。

破格の廉価から発売当初は非常に高い人気を得たが、完全な4座であるスバル360の対抗馬としては、実質2人乗りのR360クーペは不利であった。ゆえに1962年に発表された4ドア(デビュー当初は2ドアのみ)4座軽乗用車である「キャロル」に主力の座を譲ってからは存在が薄くなったものの、1966年まで生産が続けられ、AT車のみ、身体障害者のドライバー向けに1969年まで受注生産された。

発売初年度の販売台数は23,417台、総生産台数は65,737台であった(『360cc軽自動車のすべて』三栄書房 29頁参照)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]