アンドラのユーロ硬貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーロのシンボル

ユーロ (EUR ,) は、欧州連合に加盟している多くの国で使われている通貨である。

ユーロ硬貨の片面はユーロ圏全域共通のデザイン、もう片面は各国の独自のデザインとなっている。各国共通の表面の詳細はユーロ硬貨を参照。2ユーロ硬貨以外の縁のデザインもまた、全域で共通である。独自デザインとされている裏面も、欧州連合を象徴する12個の星と発行年を西暦で表示することは共通である。

アンドラのユーロ硬貨は、2007年の時点では計画中である。

ユーロは欧州連合加盟国で使われている通貨であるが、非加盟国であるアンドラは、事実上の法定通貨としてユーロを使用している。ユーロ切替え前の1999年までは、フランス・フランとスペインペセタを通貨として使用していた。

アンドラは、1993年まで憲法が存在しなかったため、フランスおよびスペインとの正式な金融協定を結んでいなかった。[要出典] そのため、自ら通貨を発行することが出来なかった。そのためアンドラは、アンドラに数を限ってユーロ硬貨を鋳造する権利を与えるという金融合意に関し、EUと交渉中である。この交渉は、少なくとも2008年頃まで続くと見られている。

2012年には、アンドラ独自デザインのユーロ硬貨が発行されるものと予測されている。[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Andorra - Informationen zu künftigen Euromünzen und der Einführung des Euro