チェコ・コルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェコ・コルナ
Koruna česká (チェコ語)
1コルナ硬貨
1コルナ硬貨
ISO 4217コード CZK
使用国・地域 チェコの旗 チェコ
インフレ率 1.9%
補助単位
1/100 ハレル (Haléř)
硬貨
広く流通 1、2、5、10、20、50コルナ
紙幣
広く流通 100、200、500、1000、2000、5000コルナ
中央銀行 チェコ国立銀行
ウェブサイト www.cnb.cz/

チェコ・コルナ: Koruna česká)はチェコ共和国で利用される通貨単位。ISO 4217コードはCZK。チェコ国内ではと表記される。補助通貨Haléř(ハレル/ハレシとも)で、1コルナは100ハレルになる。

概要[編集]

1989年ビロード革命により社会主義体制が終焉し、翌1990年には国名もチェコスロバキア社会主義共和国からチェコおよびスロバキア連邦共和国と変わったあとも、通貨は社会主義時代のチェコスロバキア・コルナが使われ続けていた。しかし、1993年1月のビロード離婚により、チェコとスロバキアは連邦を解消し分離したため、急いで両国の独立した通貨が発行されることになった。これが現在のチェコ・コルナである。この時に発行された1993年シリーズ紙幣の一部は外国で印刷された。

現在市中で流通している紙幣には 100、200、500、1000、2000、5000コルナがある。硬貨には1、2、5、10、20、50 コルナがある。この他に20、50コルナ紙幣と10,20、50ハレル硬貨もあったが、現在は市中での流通が停止されており、また、チェコ共和国が分離したときに発行された1993年シリーズも市中での流通が停止されている。市中では1994年以降のシリーズの紙幣とコルナ単位の硬貨しか使用できない。1993年のシリーズは図柄が1994年以降のものとほとんど同じであるため注意が必要である。ただし、市中での流通が停止されている通貨も廃止はされていないため、一部の銀行での旧紙幣から新紙幣への交換やハレル硬貨がコルナ単位にまとまった場合のコルナ硬貨への交換は可能である。

関連項目[編集]

Central-Europe-map.png この「チェコ・コルナ」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ