セルビア・ディナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルビア・ディナール
српски динар / srpski dinar (セルビア語)
ISO 4217コード RSD
使用国・地域 セルビアの旗 セルビア
インフレ率 12.6%
情報源 National Bank of Serbia(2006年)
補助単位
1/100 パラ
通貨記号 РСД and RSD (非公式:にはдин.やdin.も使われる)
硬貨
広く流通 1, 2, 5, 10, 20ディナール
流通は稀 50パラ
紙幣
広く流通 10, 20, 50, 100, 200, 500, 1000ディナール
流通は稀 5000ディナール
中央銀行 セルビア国立銀行
ウェブサイト www.nbs.rs
紙幣製造 Institute for Manufacturing Banknotes and Coins - Topčider
ウェブサイト www.nbs.rs/export/internet/english/zin
硬貨鋳造 Institute for Manufacturing Banknotes and Coins - Topčider
ウェブサイト www.nbs.rs/export/internet/english/zin


セルビア・ディナールセルビア語динар, динара)はセルビア通貨。補助単位はパラ。

関連項目[編集]


現在のRSDの為替レート
Google Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
Yahoo! Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OzForex: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
XE.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OANDA.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
fxtop.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
第一次世界大戦以前のディナール
先代:
複数の通貨
理由:複数の通貨による混乱を解決するため
比率:Latin Monetary Unionと等価
セルビアの通貨
1868 – 1918
次代:
KSCS/ユーゴスラビア ディナール
理由:セルボ・クロアート・スロヴェーヌ王国
比率:等価
第二次世界大戦時のディナール
先代:
KSCS/ユーゴスラビア・ディナール
理由:ドイツの占領地となったため
比率:等価
第二次世界大戦時のセルビアの通貨
1941 – 1945
次代:
ユーゴスラビア・ディナール
理由:第二次世界大戦終戦に伴い再統合
比率:1 ユーゴスラビア・ディナール = 20 セルビア・ディナール
ユーゴスラビア・ディナールの次の世代
先代:
ユーゴスラビア・ディナール
理由:セルビア・モンテネグロに名称変更のため (2003年2月4日)
比率:等価
セルビア(コソボ以外)の通貨
2003年7月2日
Note:2006年6月3日モンテネグロ
次代:
現在