Ğ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Ğ は、トルコ語アゼルバイジャン語タタール語クリミア・タタール語などいくつかのラテン文字を用いるテュルク諸語で使われる文字。Gの上に、一般に短音記号(ブレーヴェ)と呼ぶU字形の記号を付した形であり、小文字は ğ である。トルコ語第9字母。発音は、条件によって変わるが、主に長音の発音になる。

この文字を使わない言語ではghという綴りであらわされることがある。

呼称[編集]

トルコ語ではyumuşak ge(ユムシャック・ゲー;「軟らかいG」)と呼ばれる。

音価[編集]

本来は喉の奥で出すガの摩擦音 [γ](ギリシャ文字・ガンマの小文字)または y と同じ半母音 [j](平凡社百科事典、白水社エクスプレスなど)であった。

現代トルコ語では、以下のような発音になる。

  • 音節頭および母音間では発音せず、黙字となる。
    • boğaz : ボズ 「喉」
  • 直前に母音があり、さらにユムシャック・ゲーが語末であったり、その直後が母音ではなく子音である場合は、直前の母音の発音をのばしたような音になり、長音となる。
    • dağ : ダ 「山」
    • fotoğraf : フォトラフ 「写真」

歴史[編集]

最初にこの字形を採用したのはトルコ語である。

文字コード[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ğ U+011E - Ğ
Ğ
ğ U+011F - ğ
ğ