Ll

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Llは、L を重ねた二重子音字。スペイン語では近年までひとつの字母として扱われていた文字。カタルーニャ語でも同音で使用される。音韻・音声的にはポルトガル語オック語の"lh"、イタリア語の"gli"に相当する。またフランス語では "Marseille" /marsɛj/(西: Marsella)、"veille" /vej/ のように、"-il(lV)" が音韻的に似た音素を示している。

小文字は「ll」で、発音はelle(エリェ)。本来の発音である「硬口蓋側音」[ʎ]は、カスティーリャボリビア全域、アルゼンチンコロンビアチリ南部、パラグアイなどで行われる。その他の地域ではジャ行[ʑ] や、ヤ行[ʝ]で発音されることがある。

ウェールズ語では、無声歯茎側面摩擦音を表す。

関連項目[編集]