唇歯はじき音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
唇歯はじき音
IPA 番号 184
IPA 表記 [ⱱ]
IPA 画像 Labiodental flap (Gentium) small version.png
Unicode U+2C71
文字参照 ⱱ
JIS X 0213
X-SAMPA
Kirshenbaum
音声サンプル

唇歯はじき音(しんし・はじきおん)とは子音の種類の一つ。下唇で上歯を軽く弾くことによって生じる音。

概要[編集]

下唇を上の歯の内側に置き、それをはじいて元の位置に戻すことで音を出す。舌を使わないはじき音という、かなり珍しい音で、国際音声記号にも長らくこの音のための記号が存在しなかったが、2005年に [ⱱ] が追加された。Unicode では U+2C71 にあるが、グリフを実装していないフォントも多い。

特徴[編集]

言語例[編集]

主にアフリカの言語に見られる。

脚注[編集]

  1. ^ Ladefoged, Peter (2001). A Course in Phonetics (4th ed.). p. 151. ISBN 0155073192.