音挿入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

音挿入(おんそうにゅう、英語: Epenthesis)とは、発音の便宜のため、の途中に子音母音音節が挿入される現象をいう。

この現象が起こるのは、たとえば以下のような場合がある。

  • 母音接続がある場合に、母音と母音の間に子音を入れて発音をしやすくするため
    • 例えば英語では「r」が挿入される。 例:drawing → drawring
  • 子音連結(consonant cluster)で、調音部位の異なる子音同士が連結する場合、発音しやすいよう、間に子音をおく場合
    • 例: *a-mrotos → ambrotos
  • 子音連結の際、子音と子音の間に母音を入れて連結を断ち切る場合
    • 例: Hamtramck → Hamtramick
  • 歴史的な音韻の変化に伴う場合
  • 子音を強調するために、語頭に母音を置く場合(Prosthesis)

日本語[編集]

例えば、「はるさめ」/harusame/は「はる」/haru/と「あめ」/ame/の間に子音/s/が挿入されてできた語形である(接合辞とも見られる)。この他にも「あまり」/amari/から「あんまり」/ammari/ができたり、「まひるま」/mahiruma/から「まっぴるま」/mappiruma/([h]→[p]は子音交替)ができたりしている。

また漢語外来語で原語で子音で終わったり、子音が連続している場合には母音の/i/, /u/, /o/が挿入される。例えば英語の strike /straik/ はストライキ/sutoraiki/やストライク/sutoraiku/となる。漢語では語末の入声内破音)に母音が付加され、肉 /njiuk/がニク/niku/、一 /jit/がイチ/ichi/・イツ/itsu/(歴史的には「イチ」「イツ」と書いてイティ/iti/・イトゥ/itu/のように発音された)、立 /lip/がリフ/rihu/(現代ではリュウ/rjuː/。リツ/ritsu/は慣用音)などとなった。

活用では存在を表す動詞だった「ある」(-ar-)が動詞語幹につくことで受身・尊敬・可能・自発を表したが、母音語幹動詞につく場合には母音の連続を避けるため、rが挿入されている。現代語ではeが挿入されたことでrがさらに挿入された。

  • 書く:kak+ar+u(書かる)→kak+are+r+u(書かれる)
  • 起く(起きる):oki+r+ar+u(起きらる)→oki+r+are+r+u(起きられる)

他に「る」「さす(させる)」「れば」「れども」なども同じ理由で母音語幹動詞にrやsが挿入されている。

関連項目[編集]