戸田茂睡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戸田茂睡の墓
浅草寺境内)

戸田 茂睡(とだ もすい、寛永6年5月19日1629年7月9日) - 宝永3年4月14日1706年5月25日))は、江戸時代前期の歌学者。名は恭光。通称は茂右衛門。号は遺佚軒・不求橋・梨本など。

父は徳川忠長の付人渡辺忠で、駿府城内(現静岡市葵区追手町10番)で生まれた(静岡市立静岡病院玄関東側に生誕の地の碑がある)。下野国黒羽で過ごし、その後江戸に出て伯父戸田氏養子となり三河国岡崎藩本多家に仕える。

その後は浅草本郷に隠棲し、余生は風雅を友とした。古典の研究を行い、公家の間に伝えられた伝統的な歌学が、秘事口伝を主とし、師の歌説に門弟が盲従することに反対して歌学の革新を主張した。下河辺長流契沖とともに国学の先駆となる。

著書には、最初の江戸の地誌『紫の一本(ひともと)』、堂上歌学の因習を攻撃した『梨本集』のほか、『御当代記』『百人一首雑談』『僻言調』『島の跡』などがある。