本居春庭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本居 春庭(もとおり はるにわ、宝暦13年2月3日1763年3月17日) - 文政11年11月7日1828年12月13日))は、江戸時代後期の国学者国語学者本居宣長の実子で長男。幼名は健蔵で父と同じ。

人物[編集]

幼少より宣長によって教育を兼ねて文献筆写を行わさせられ、現在本居宣長記念館所蔵の写本の大半が春庭の筆写である。また宣長の口述筆記も行い、後の活用研究に大きな影響を与えたのが、20歳の時の『活用言の冊子』の筆記である。

長く眼の疾患を患ったが徐々に悪化し、寛政7年(1795年)2月20日付の宣長による千家俊信宛書簡に「盲」の字が見え、この頃には完全に失明したと考えられ、家督養子となった本居大平に譲られた。しかし障害にもかかわらず、文化3年(1806年)3月頃、44歳で『詞八衢』を完成させる。この書は現代の動詞活用研究の原型を作った。

関連図書[編集]