典礼言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

典礼言語(てんれいげんご、liturgical language, sacred language)とは、日常的には用いられず、宗教行為などでのみ用いられる言語のこと。その宗教の教典と不可分な関係にある。世界中の多くの宗教が、程度の差こそあれ、典礼言語を保有している。

概要[編集]

典礼言語が成立するに至ったいきさつは、

  • その宗教が成立した当時の言語(教祖(が所属していた民族集団)が使っていた言語)がそのまま残存したもの
  • その宗教が広く普及した段階で優勢だった民族集団・国家の言語がそのまま残存したもの
  • 最初から宗教儀礼用の言語として日常の言語と差別化して生み出されたもの
  • 時代を経て文語口語俗語)のズレが大きくなったもの

等、様々であり、一概には言えない。

ただし、いずれの場合にも、典礼言語は歴史的権威や非日常的感覚を付与する効果を生み出し、その宗教に一定の説得力を与えることに貢献している。

一覧[編集]

関連項目[編集]