アルノルト・ベックリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルノルト・ベックリン
自画像、1873年
生誕 Arnold Böcklin
1827年10月16日
スイスの旗 スイスバーゼル
死没 1901年1月16日(73歳)
イタリアの旗 イタリアフィエーゾレ
国籍 スイスの旗 スイス
有名な作品(業績) 死の島、ヴァイオリンを弾く死神のいる自画像
運動・動向 象徴主義

アルノルト・ベックリンArnold Böcklin, 1827年10月16日 - 1901年1月16日)は、19世紀スイス出身の象徴主義画家

19世紀末のヨーロッパの美術界はフランス印象派の全盛期であったが、戸外にキャンバスを持ち出し、外光の下で身近な風景を描き出した印象派の画家たちとは対照的に、文学、神話、聖書などを題材に、想像の世界を画面に表そうとする象徴主義の画家たちも同時代に活動していた。ベックリンはこうした象徴主義・世紀末芸術の代表的画家の1人である。

経歴[編集]

ベックリンは1827年にスイスのバーゼルで生まれたが、青年期以降はヨーロッパ各地を転々とし、生涯の大部分をドイツおよびイタリアで過ごしている。1845年から1847年までドイツのデュッセルドルフで学んだ後、1850年から1857年までローマに滞在。1860年から1862年にかけてはドイツのヴァイマルの美術学校で教えていたこともある。その後、ミュンヘンフィレンツェチューリヒなどに滞在、晩年はフィレンツェ郊外のフィエーゾレに住んだ。1874年から1885年までのフィレンツェ時代は円熟期で、『死の島』をはじめとする代表作がこの時期に生まれている。

『死の島』は暗い空の下、墓地のある小さな孤島をめざし、白い棺を乗せた小舟が静かに進んでいくさまを描いた神秘的な作品である。彼自身、このモチーフに魅せられていたようで、その生涯にこの題材で5点の作品を残している(うち4点が現存)。この作品に見られるように、写実的で緻密な描法と、画面にただよう神秘的・幻想的な雰囲気がベックリンの特色である。20世紀のシュルレアリスム絵画にも大きな影響を与えた。

第一次世界大戦後のドイツでは、非常に人気があり、一般家庭の多くの家に、複製画が飾られていた。中でも代表作の『死の島』は特に人気が高かったと言われ、複製画の他にポストカードの題材としても盛んに使用された。また『死の島』を真似て描く画家も現れた。

アドルフ・ヒトラーも彼の作品を好み、収集していた(代表作である『死の島』の第3作を始め、11点所有していたと言われる)。

代表作[編集]

  • 『ヴァイオリンを弾く死神のいる自画像』(1872年)ベルリン美術館
  • 『聖なる森』(1882年) バーゼル美術館
  • 『波間のたわむれ』(1883年)ミュンヘン、ノイエ・ピナコテーク
  • 死の島』(この絵は1880年から1886年の間に5点が描かれている。)バーゼル美術館(1880年、111x155cm)、ベルリン美術館(1883年、ナツィオナール・ガレリー、プロイセン文化財国立美術館、アドルフ・ヒトラーが所有していたもの)、ニューヨーク・メトロポリタン美術館(1880年)、ライプツィヒ造形美術館(1886年)がそれぞれ所蔵(加えて、1945年以来所在不明(焼失?)のもの(1884年)が存在した)。それぞれが、同一のモチーフのバリエーションで、作品のサイズも技法も異なる。バーゼル美術館には、これと対比的な『至福の島』(「生の島」とも、1888年)というナイーフのような趣の作品もある。また、ラフマニノフ(1909年)、レーガー(1903年)がこの絵に触発された交響詩を作曲していることでも知られる。『死の島』は、作家福永武彦の同名の小説のモチーフとしても使われている。彼は、「死の島」を言葉の音の上からも、原爆の投下を受けた「広島」のイメージに重ね合わせている。

ギャラリー[編集]

死の島[編集]

絵画[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 『19世紀ドイツ絵画名作』展(プロイセン文化財団ベルリン国立美術館所蔵)カタログ:兵庫県立近代美術館(1985年)、東京国立近代美術館(1986年)
  • 『アルノルト・ベックリーン』展(バーゼル美術館所蔵作品による)カタログ:国立西洋美術館(1987年)
  • ベックリーン《死の島》(フランツ・ツェルガー(Franz Zelger)・著、高阪一治(こうさか・かずはる)・訳、三元社(シリーズ・作品とコンテクスト)、1998年)