旧国立美術館 (ベルリン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 旧国立美術館
AlteNationalgalerie 1a.jpg
施設情報
専門分野 美術[1]
開館 1861年
所在地 {{{所在地郵便番号}}}
Bodestrasse 1-3 (Museum Island)
Berlin, Berlin D-10178 Germany
ウェブサイト (英語) Alte Nationalgalerie
公式サイト (英語) Alte Nationalgalerie
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

旧国立美術館(きゅうこくりつびじゅつかん、: Alte Nationalgalerie)は、ドイツベルリンムゼウムスインゼル博物館島)にある美術館ベルリン国立博物館群を構成する美術館の一つで、古典主義ロマン主義ビーダーマイヤー様式印象派初期モダニズムの絵画を所蔵している。1999年には博物館島のその他の歴史的建造物とともに、ユネスコ世界遺産に登録された[2]

歴史[編集]

創設[編集]

旧国立美術館の創設計画は1815年から開始されている。1830年代にこの計画は盛り上がりを見せたが、具体的な建築計画になるまでにはいたらなかった。1841年に最初の具体的な計画が作成されたにも関わらず、しばらくは本格的に着工されることはなかった。その後銀行家のヨハン・ハインリヒ・ワグネルからドイツ人画家や諸外国の画家の絵画262点が寄贈されたことを契機に、1861年に旧国立美術館の設立が決定された。これらワグネルが寄付した絵画は、現在でもコレクションの中核をなすものとなっている。このコレクションは当初 Wagenersche und Nationalgalerie と呼ばれ、ベルリン芸術アカデミーに収蔵された。現在の建物はアプスを持つローマ様式の寺院を模して設計されている。

建築[編集]

1891年に描かれた旧国立美術館のスケッチ

プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世が描いた建物のスケッチを基にして、旧博物館の設計も手がけたプロイセンの建築家フリードリヒ・アウグスト・シュテューラーが1863年に設計を開始した。その後2年の間にシュテューラーの設計計画は2回にわたって没にされており、3回目の計画がようやく採用されている。シュテューラーは計画の完成を見ることなく死去し、カール・ブッセが後を引継いで細部を完成させた。1867年に旧国立博物館の建設委員会が結成され、建築家ヨハン・ハイドリヒ・シュトラックの監督で工事が開始された。大まかな外装は1872年に完成、引き続いて内装の工事が行われ、プロイセン王も臨席して迎えた美術館の正式開館は1876年5月22日のことだった。

レンガと鉄で建てられたこの建物は耐火性であると見なされていた。外装と入り口へ向かう階段はザクセン=アンハルト州のネブラで切り出された砂岩が使用されている。

開館当時のコレクションは小規模なもので、ワグネルが寄贈したコレクションのほかにはドイツ人画家ペーター・フォン・コルネリウス (en:Peter von Cornelius) がプロイセンに残した絵画が展示されている程度だった。その後旧国立博物館はプロイセンの初期芸術品を収集することを目的とするようになった。これは当時のベルリンにプロイセンの芸術コレクションを所蔵する美術館が存在しなかったことが影響している。

20世紀[編集]

旧国立美術館は、1909年からナチスによって解雇される1933年まで館長職にあったルートヴィヒ・ユスティ (de:Ludwig Justi) のもとで、近現代の作品のコレクションを増大させている。近現代作品のコレクション収集は、後任者のエーベルハルト・ハンフスタエゲル (de:Eberhard_Hanfstaengl) も引き続き実施したが、近現代美術品を無価値な退廃芸術と見なしていたナチスにより、ユスティ同様に館長職にふさわしくないとされて1937年に解雇されてしまう。パウル・オルトヴィン・レーヴは1950年まで館長職にあったが、第二次世界大戦のためにこの時期の旧国立美術館はほとんど閉鎖されていた。旧国立美術館は第二次世界大戦の空襲によって大きな被害を受け、1949年に一部が再開館したが1969年になるまで修復工事が続けられていた。1998年から2001年にかけて旧国立美術館は大規模な改修が施されている。最上階にいくつかの展示室が新設され、現在はロマン主義の作品が展示されている。

コレクション[編集]

アドルフ・フォン・メンツェル, 『Eisenwalzwerk』,1872年 - 1875年

旧国立美術館のコレクションは古典主義カスパー・ダーヴィト・フリードリヒカルル・フリードリッヒ・シンケル、カール・ブレッヒェン (de:Carl Blechen) らドイツロマン主義、ビーダーマイヤー様式エドゥアール・マネクロード・モネらフランス印象派、アドルフ・フォン・メンツェル (en:Adolph Menzel)、マックス・リーバーマン、ロヴィス・コリント (en:Lovis Corinth) ら現代作家など多岐に渡っている。その中でも重要なコレクションとしては、フリードリヒの『海辺の僧侶』、メンツェルの『Eisenwalzwerk 』、彫刻家ヨハン・ゴットフリート・シャードウ (en:Johann Gottfried Schadow)の『Prinzessinnengruppe 』などがあげられる。旧国立美術館は19世紀の彫刻、絵画の収集数ではドイツ有数の美術館となっている[1]

建物[編集]

旧国立美術館は、旧博物館新博物館ボーデ博物館ペルガモン博物館ベルリン大聖堂ルストガルテンといった歴史的建築物とともにベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)を構成している。旧国立美術館は博物館島の中央に位置し、ベルリン高速鉄道と西岸のボーデ通りに挟まれている。

旧国立美術館の北にはペルガモン博物館があり、南には新博物館、旧博物館、ベルリン大聖堂がある。フリードリヒ・アウグスト・シュテューラーの設計による建物は、後期古典主義様式と初期新ルネサンス様式が渾然となったデザインになっている。外装は建築当時の面影をよく残しているが、内装はその時々の展示品に合わせて何度も改修されている。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • Claude Keisch (Hrsg.): Die Alte Nationalgalerie Berlin. Scala Publishers und Beck, London und München 2005, ISBN 3-406-52313-7.
  • Bernhard Maaz (Hrsg.): Die Alte Nationalgalerie. Geschichte, Bau und Umbau. G + H, Berlin 2001, ISBN 3-931768-58-9.
  • Peter-Klaus Schuster: Die Alte Nationalgalerie. DuMont, Köln 2003, ISBN 3-8321-7370-6.
  • Angelika Wesenberg, Sigrid Achenbach (Konzeption und Realisierung): Frankreich in der Nationalgalerie. Jütte-Messedruck, Leipzig 2007, ISBN 978-3-88609-585-8.

外部リンク[編集]


座標: 北緯52度31分15秒 東経13度23分53秒 / 北緯52.52083度 東経13.39806度 / 52.52083; 13.39806