ベルリン芸術アカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルリン芸術アカデミー, パリザー・プラッツドイツ語版4, 2010年

ベルリン芸術アカデミー: Akademie der Künste (Berlin))は、ドイツ連邦公法人ドイツ語版のひとつで、視覚芸術建築音楽文学舞台芸術映画メディアアートの育成を行なっている。また、時代を代表する芸術に寄与した人たちの国際的なグループでもある。

2006年4月29日に、総会ドイツ語版で、グラフィックデザイナーで法律家のクラウス・シュテークドイツ語版が理事長に選出され、2009年2012年にも再選された[1]

歴史[編集]

ウンター・デン・リンデン8」の王立アカデミー(1908年)。1914年からはベルリン州立図書館
マックス・リーバーマン1922年に開催したアカデミーの展覧会
ホテル・アドロン(左)とDZ銀行ドイツ語版支店のあいだにある芸術アカデミー(中央)
アカデミー内のロビーと階段

ベルリン芸術アカデミーの起源は、1696年7月11日ブランデンブルク辺境領選帝侯フリードリヒ3世が設立した「絵画・彫刻・建築芸術アカデミー」にまで遡ることができる。正確には、1704年から1790年までの「王立プロイセン芸術・機械学アカデミー」と、1790年から1809年までの「王立ベルリン芸術・機械学アカデミー」と呼ばれた学会にもその起源をもつ。

1809年から1882年までは「王立プロイセン芸術アカデミー」と呼ばれ、その後「王立芸術アカデミー」(1882年)、プロイセン芸術アカデミードイツ語版1926年1945年)と名称が変更された。

今日の芸術アカデミーは、以下の二つの制度をもとに1993年10月1日に作られた。

場所[編集]

アカデミーの本拠地は、ベルリン・ミッテパリザー・プラッツドイツ語版4で、2005年に建築家のギュンター・ベーニシュドイツ語版が設計した建物のなかにあり、ホテル・アドロンドイツ語版と隣接している。ホテル・アドロンは、1907年に王立プロイセン芸術アカデミーのために改築されたパレ・アルニムドイツ語版があった場所に作られている。

かつての西ベルリン芸術アカデミードイツ語版の本拠地だった場所は、ハンザ地区ドイツ語版ミッテ)にあり、今日でもイベントや展覧会に利用されている。

東ドイツの芸術アカデミーがかつてあった場所は、ランゲンベック・ヴィルヒョー・ハウスドイツ語版にあった。

目的[編集]

芸術アカデミーは、規則によると以下の目的をもつ。

  • 芸術と文化の全体を再現すること
  • 芸術の促進・助成
  • 社会における芸術事情を代表する
  • ベルリンがもつ国際的な影響力を広げること
  • 文化的・国民的な発展
  • 文化遺産の保護
  • 芸術と文化に関するドイツ連邦への助言・支援

芸術アカデミーは、もっぱら公益性のある目的のみを有する。

部門[編集]

アカデミーは以下の部門に分かれている。

文学部門の責任者は、2006年から2010年まで作家フォルカー・ブラウンが務めていた。2010年5月には、彼の同僚であるインゴ・シュルツェドイツ語版が後任となる[2]

理事長[編集]

東ベルリンの芸術アカデミー(1955年

東ドイツ[編集]

西ドイツ[編集]

芸術アカデミーのアーカイヴ[編集]

大規模な芸術アカデミー・アーカイヴドイツ語版は、今日ではドイツ語圏における1900年以降で最も重要な芸術と文化の横断的アーカイヴであると見なされている。アカデミーの会員規則に準じて、全ての芸術家が登録されている。アーカイブの目的は、芸術的・文化史的に重要なアーカイヴを作って、整理し、学術や公共にそれを提供することである。2012年10月には、24メートルにも及ぶ本棚に収まるペーター・ツァデックドイツ語版の記録が公開された[3]2012年11月3日には、前衛映画監督クリストフ・シュリンゲンズィーフのアーカイヴが公開された。存命中の芸術家の、40メートルに及ぶ本棚が作られ、彼のジャンルを越えた芸術パフォーマンス(音声メディア、ポスター、通信文、パンフレット、写真、映画や演出の制作資料)が保存された[4]

参考文献[編集]

  • Man will einen Nebel über das geistige Erbe derer legen, die 1933 vertrieben wurden. Gespräch mit Walter Huder. In: Illustrierte Stadtzeitung zitty. Nr. 3, Berlin 1987, ISSN 0179-9606, S. 14–16.
  • Arnold Seul, Anne Worst: Gezinkte Karten beim Bewerbungspoker?. Berufungsverfahren des neuen AdK-Archivdirektors höchst anrüchig. In: Illustrierte Stadtzeitung zitty. Nr. 12, Berlin 1987, ISSN 0179-9606, S. 8–12.
  • Walter Jens: Aus gegebenem Anlass. Texte einer Dienstzeit. Mit einem Geleitwort von György Konrád. Parthas, Berlin 1998, ISBN 3-932529-19-7.
  • Lars-Broder Keil: Mangelndes Interesse für Nachlässe in Berlin. (Ausgabe: Hauptstadt Berlin). In: Welt am Sonntag. Nr. 3, Berlin 18. Januar 1998, S. 75.
  • Hans Jörgen Gerlach: Was ist der Mensch in Berlin? Nachruf auf Walter Huder. Zeitschrift für Kultur des Exils und des Widerstands. In: Zwischenwelt. 19. Jahrgang, Nr. 3, Wien Dezember 2002, ISSN 1606-4321, S. 12–14.
  • Thomas Krüger: Akademie der Künste Pariser Platz Berlin. In: Die Neuen Architekturführer. Nr. 69, Stadtwandel, Berlin 2005, ISBN 3-937123-39-3 (24 Seiten).
  • Werner Mittenzwei: Die Mentalität des Ewigen Deutschen. Nationalkonservative Dichter 1918–1947 und der Untergang einer Akademie. 2. Auflage. Faber & Faber, 2003, ISBN 3-936618-17-8 (Erstauflage unter dem Titel: Der Untergang einer Akademie oder Die Mentalität des ewigen Deutschen (Aufbau, Berlin 1992) mit einer Chronik: Dichtung und Dichter an der Preußischen Akademie der Künste 1696–1947).

外部リンク[編集]

歴史について
パリザー・プラッツ4の新築について
新館の利用をめぐる議論
アーカイヴとハンザ地区

脚注[編集]

  1. ^ Akademie-Präsident Klaus Staeck und Vize-Präsidentin Nele Hertling treten dritte Amtszeit an, Pressemitteilung 5. Mai 2012 Akademie der Künste Berlin
  2. ^ Herr Direktor. In: Der Tagesspiegel, 10. Mai 2010.
  3. ^ http://www.adk.de/de/blog/index.htm?we_objectID=31270 Homepage Akademie der Künste AdK-Blog 24. September 2012, abgerufen am 3. Oktober 2012
  4. ^ Homepage Akademie der Künste Berlin, abgerufen am 4. November 2012