フリーデリケ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリーデリケ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ(Johann Friedrich August Tischbein画、1796年)
ヨーハン・ゴットフリート・シャドウによるフリーデリケの彫像

フリーデリケ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツFriederike Karoline Sophie Alexandrine, Herzogin zu Mecklenburg-Strelitz, 1778年3月3日 - 1841年6月29日)は、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の五女。母は大公妃フリーデリケハノーファーで生まれた。姉にプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の王妃ルイーゼが、叔母にイギリス王ジョージ3世の王妃シャーロットがいる。

3度の結婚[編集]

1793年12月26日、プロイセン王子ルートヴィヒと最初の結婚をした(その2日前にルートヴィヒの兄フリードリヒ・ヴィルヘルム3世とフリーデリケの姉ルイーゼが結婚している)。3子をもうけたが、1796年に夫ルートヴィヒと死別した。

1798年12月10日フリードリヒ・フォン・ゾルムス=ブラウンフェルスと2度目の結婚をした。結婚当時フリーデリケは妊娠しており、醜聞を避けるための結婚であった。6子をもうけたが、アルコールに溺れ健康を害したフリードリヒは軍人としての役を退くこととなり、収入を失ってしまった。夫とは1814年に離婚した。

  • ゾフィア(1799年、夭折)
  • フリードリヒ(1800年、夭折)
  • フリードリヒ・ヴィルヘルム(1801年 - 1868年)
  • アウグスタ・ルイーゼ(1804年 - 1865年)
  • アレクサンダー(1807年 - 1867年)
  • フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルートヴィヒ(1812年 - 1875年)

1815年5月29日、従兄に当たるハノーファーエルンスト・アウグスト1世(イギリス王ジョージ3世の息子)と3度目の結婚をし、2子をもうけた。

  • フリーデリケ(1817年、夭折)
  • ゲオルク5世(1819年 - 1878年)