フリーデリケ・フォン・プロイセン (1796-1850)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンハルト=デッサウ公爵夫人フリーデリケ

フリーデリケ・フォン・プロイセンドイツ語全名:Friederike Luise Wilhelmine Amalie von Preußen1796年10月30日 - 1850年1月1日)は、アンハルト=デッサウ公レオポルト4世の妃。

プロイセン王子ルートヴィヒと妃フリーデリケの第3子として、ベルリンで生まれた。しかし、フリーデリケの誕生後間もない同年12月28日に、父ルートヴィヒはジフテリアに罹患し急死した。その後母フリーデリケは2度再婚したため、幼いフリーデリケは2人の兄たちとともにベルリンの宮廷で育った。

隣接する大国との関係強化を目的として、1818年にレオポルト4世と政略結婚した。2人は4子をもうけた。