マリア・アンナ・フォン・アンハルト=デッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンハルト=デッサウ公女マリア・アンナ、1860年

マリア・アンナ・フォン・アンハルト=デッサウMaria Anna von Anhalt-Dessau, 1837年9月14日 デッサウ - 1906年9月12日 フリードリヒスローダ)は、ドイツのアンハルト公レオポルト4世の娘で、プロイセン王子フリードリヒ・カールの妻。

アンハルト=デッサウ公(のちアンハルト公)レオポルト4世とその妻でプロイセン王子ルートヴィヒの娘であるフリーデリケの間の末娘として生まれた。

1854年11月29日、母方の又従兄にあたるプロイセンのフリードリヒ・カール王子と結婚したが、結婚生活は不幸であった。夫のフリードリヒ・カールは妻が立て続けに女の子ばかり産むことに腹を立て、四女ルイーゼ・マルガレーテが誕生した際は、息子を産まないマリア・アンナを殴ったと言われる。また、夫が子どもたちに強圧的な態度をとることが許せず、ヴィルヘルム1世に離婚を申し立てたこともあるという。1885年に夫と死別すると、マリア・アンナは自分に仕える侍従のヴァーゲンハイム大尉と密かに再婚したと噂された。

マリア・アンナは1906年にフリードリヒスローダで亡くなった。

子女[編集]

夫フリードリヒ・カールとの間に一男四女の5人の子供をもうけた。