マリー・フォン・プロイセン (1855-1888)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリーとヘンドリック

マリー・フォン・プロイセン(Marie von Preußen, 1855年9月14日 - 1888年6月20日)は、プロイセン王子フリードリヒ・カールの長女。全名はマリー・エリーザベト・ルイーゼ・フリーデリケMarie Elisabeth Luise Friederike)。

マリーは1855年9月14日フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の三男カールの長男フリードリヒ・カールと、その妃であったアンハルトレオポルト4世の娘マリア・アンナ(1837年 - 1906年)の間に第一子としてポツダム大理石宮殿で生まれた。

1878年8月24日、マリーはオランダ王ヴィレム2世の三男ヘンドリックポツダム新宮殿で結婚した。しかし結婚からわずか5ヵ月後の翌年1月にヘンドリックとは死別した。彼との間に子供はいない。

続いて彼女は1885年5月6日ザクセン=アルテンブルクフリードリヒの七男エドゥアルトの三男アルベルトベルリンにて再婚した。彼との間には二女をもうけた。

マリーは1888年6月20日ドレスデンアルプレヒツベルク城で死去した。夫のアルベルトは1891年ヘレーネ・ツー・メクレンブルクと再婚した。

子女[編集]

2番目の夫であるアルブレヒトとの間にもうけた2女は以下のとおり。