アルベルト・フォン・ザクセン=アルテンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=アルテンブルク公子アルベルト

アルベルト・フォン・ザクセン=アルテンブルクAlbert von Sachsen-Altenburg, 1843年4月14日 ミュンヘン - 1902年5月22日 クヘルミス)は、ドイツのザクセン=アルテンブルク家の公子で、プロイセンの軍人。全名はアルベルト・ハインリヒ・ヨーゼフ・カール・ヴィクトル・ゲオルク・フリードリヒ(Albert Heinrich Joseph Carl Viktor Georg Friedrich von Sachsen-Altenburg)。

ザクセン=アルテンブルク公子エドゥアルトとその2番目の妻でロイス=グライツ侯ハインリヒ19世の娘であるルイーゼの間の長男として生まれた。異父妹にブルガリア王フェルディナンド1世の王妃エレオノーレ・ロイス・ツー・ケストリッツがいる。

1861年から1865年までプロイセン軍第槍騎兵連隊の中尉として務めた。その後、ロシア帝国軍に移って後に名誉的な陸軍大将に昇進した。アルベルトはロシア帝室やサンクトペテルブルク宮廷と太いパイプを持ち、ロシア皇帝アレクサンドル3世の親友だった。1885年の最初の結婚に際し、プロイセン軍の名誉的な騎兵大将(General der Kavallerie)の地位を与えられ、1889年にはプロイセン第3近衛騎兵旅団の旅団長となった。また1891年にはプロイセンの陸軍中将となった。

1902年、クヘルミス(現在のメクレンブルク=フォアポンメルン州ギュストロウ郡)のザラーン地区(Serrahn)で死去した。

子女[編集]

1885年5月6日にベルリンにおいて、プロイセン王子フリードリヒ・カールの娘マリーと結婚した。マリーはオランダ王子ヘンドリックの未亡人だった。夫妻の間には2人の娘が生まれた。

  • オルガ・エリーザベト(1886年 - 1955年) - 1913年、ピュックラー=ブルクハウス伯爵カール・フリードリヒと結婚
  • マリー(1888年 - 1947年) - 1911年、ロイス=ケストリッツ侯子ハインリヒ35世と結婚(1921年離婚)

マリーと死別した後の1891年12月13日、レンプリン(現在のメクレンブルク=フォアポンメルン州デミン郡マルヒン郊外)において、ロシア帝室の一員であるメクレンブルク公ゲオルク・アウグストの娘エレナ・ゲオルギエヴナ(1857年 - 1936年)と再婚したが、間に子供は無かった。