フリードリヒ・アウグスト (オルデンブルク大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・アウグスト (オルデンブルク大公)

フリードリヒ・アウグスト2世Friedrich August II., 1852年11月16日 - 1931年2月24日)は、オルデンブルク大公国の最後の大公(在位:1900年 - 1918年)。

ペーター2世とその妃であったザクセン=アルテンブルクヨーゼフの娘エリーザベト(1826年 – 1896年)の長男として、1852年11月16日オルデンブルクで生まれた。1900年6月13日に父の死去によって大公位に即いたフリードリヒ・アウグストは、海運海軍の発展に力を注いだ。

またフリードリヒ・アウグストは1894年から1896年にかけてエリーザベト=アンナ宮殿を建設した。これは最初の妃エリーザベト・アンナの名を冠したものだが、完成前に死別している。宮殿は現在、オルデンブルクの社会裁判所として使用されている。

1918年ドイツ革命が勃発するとフリードリヒ・アウグストは同年11月11日に退位し、以後はラステーデ宮殿で隠棲した。

子女[編集]

フリードリヒ・アウグストは2度結婚している。最初の妃は1878年2月18日に結婚したプロイセン王子フリードリヒ・カールの娘エリーザベト・アンナ(1857年 - 1895年)で、彼女との間に以下の2女をもうけた。

2人目の妃は1896年10月24日に結婚したメクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ2世の娘エリーザベト・アレクサンドリーネ(1869年 - 1955年)で、彼女との間に以下の2男3女をもうけた。

  • ニコラウス・フリードリヒ・ヴィルヘルム(1897年 - 1970年) - オルデンブルク大公家家長
  • アレキサンドリーネ(1900年、誕生翌日死去)
  • フリードリヒ・アウグスト(1900年、誕生翌日死去)
  • インゲボルク・アリックス(1901年 - 1996年) - シャウムブルク=リッペ侯子シュテファンと結婚
  • アルトブルク・マリー・マティルデ(1903年 - 2001年) - ヴァルデック=ピルモント侯世子ヨシアスと結婚
先代:
ペーター2世
オルデンブルク大公
1900年 - 1918年
次代:
ドイツ革命により退位)