フリードリヒ・カール・フォン・プロイセン (1828-1885)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・カール・フォン・プロイセン

フリードリヒ・カール・フォン・プロイセンFriedrich Karl Nikolaus von Preußen, 1828年5月20日 - 1885年6月15日)は、プロイセン王国の王族、軍人。

プロイセン王子カール・フォン・プロイセンマリー・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハの長男としてベルリンに生まれた。10代から軍人になるための教育を受け、1842年から1846年までアルブレヒト・フォン・ローンの講義をボン大学で受けた。1848年のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争ではウランゲル伯フリードリヒ配下で軍務についた。

1866年普墺戦争ではプロイセン王国第2軍を率いてケーニヒグレーツの戦いに大勝した。1871年普仏戦争ではドイツ帝国陸軍第2師団を指揮し、メス包囲戦に勝利した。また、オルレアンル・マンを陥落させ、この功績によりドイツ陸軍元帥となった。ポツダム郊外にて没。

子女[編集]

1854年、アンハルト=デッサウ公女マリア・アンナと結婚した。2人の間には5子が生まれた。