フリードリヒ1世 (アンハルト公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンハルト公フリードリヒ1世

フリードリヒ1世Friedrich I., 1831年4月29日 デッサウ - 1904年1月24日 バレンシュテット)は、アンハルト公(在位1871年 - 1904年)。全名はレオポルト・フリードリヒ・フランツ・ニコラウス(Leopold Friedrich Franz Nikolaus von Anhalt)。

アンハルト=デッサウ公(1863年よりアンハルト公)レオポルト4世とその妻のプロイセン王女フリーデリケの間の長男として生まれ、1871年に公爵位を継承した。1904年に卒中で亡くなり、次男のフリードリヒが後を継いだ。

1854年4月22日、ザクセン=アルテンブルク公子エドゥアルトの娘アントイネッテと結婚し、間に6人の子女をもうけた。

先代:
レオポルト4世
アンハルト公
1871年 - 1904年
次代:
フリードリヒ2世