アントイネッテ・フォン・ザクセン=アルテンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントイネッテ・フォン・ザクセン=アルテンブルクAntoinette von Sachsen-Altenburg, 1838年4月17日 バンベルク - 1908年10月3日 ベルヒテスガーデン)は、ドイツザクセン=アルテンブルク家の公女で、アンハルトフリードリヒ1世の妻。全名はアントイネッテ・シャルロッテ・マリー・ヨゼフィーネ・カロリーネ・フリーダAntoinette Charlotte Marie Josephine Karoline Frida von Sachsen-Altenburg)。

生涯[編集]

ザクセン=アルテンブルク公子エドゥアルトとその最初の妻でホーエンツォレルン=ジグマリンゲンカールの娘であるアマーリエ(1815年 - 1841年)の間の第2子、次女として生まれた。1854年4月22日にアルテンブルクにおいてフリードリヒと結婚した。この縁組はドイツの諸侯家門同士の政略結婚で、アントイネッテにとっては最も裕福な諸侯の1人に嫁ぐことが出来る良縁であった。公爵夫妻の結婚式に際しては、記念メダルが発行された。1892年、嫁のマリーとともにアンハルト公国の教会婦人奉仕団施設を開いた[1]。公爵夫人の名前を冠したものには、ゼルケ川河畔のアントイネッテ歩道(Antoinettenweg)、デッサウのアントイネッテ通り(Antoinettenstraße)およびアントイネッテ高等学校(Antoinettenlyzeum)[2] がある。

子女[編集]

夫との間に4男2女の6人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Ferdinand Siebigk: Das Herzogthum Anhalt: Historisch, geographisch u. statistisch, Desbarats, 1867, S. 102 (Digitalisat)

脚注[編集]

  1. ^ http://www.ada-dessau.de/content/view/39/61/
  2. ^ in Goethe-Oberschule II umbenannt

外部リンク[編集]