シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャーロット王妃

ソフィア・シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ(Sophia Charlotte of Mecklenburg-Strelitz, 1744年5月19日 - 1818年11月17日)は、イギリス国王ジョージ3世の王妃。メクレンブルク=シュトレーリッツ公子カール・ルートヴィヒの末娘で、ドイツ名はゾフィー・シャルロッテ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ(Sophie Charlotte von Mecklenburg-Strelitz)。兄にメクレンブルク=シュトレーリッツ公(のち大公)アドルフ・フリードリヒ4世カール2世がいる。

母太后オーガスタ首相ビュート伯が王妃選びで度重なる圧力をかけてくるため、王は独自に侍従武官グレアム大佐をドイツへ派遣し、王妃にふさわしい女性を見つけてくるよう命じた。グレアム大佐が推薦したのが、当時17歳の公女シャルロッテであった。

1761年9月8日に挙式、9月22日に戴冠式を行った。ジョージ3世は王妃とともに戴冠するつもりで、即位後1年あまりも戴冠式を延ばしていたという。

王との家庭生活は円満で、ジョージ4世ヨーク公フレデリックウィリアム4世ケント公エドワードヴィクトリア女王の父)、ハノーファーエルンスト・アウグストら9男6女の母となり、夫の女性関係では苦労することも全くなかった。政治に口を出すことなく、宮廷行事でも出しゃばることがなかった。しかし、子供たちの不品行には夫とともに心の安まる時がなかった。たびたび精神異常を引き起こした夫を献身的に介護し、ロンドンを出てウィンザー城で共に暮らした。

ヨハン・クリスティアン・バッハ(有名な大バッハの息子の一人)、モーツァルトの後援者であったことが知られている。また、ロンドンキューガーデンの設立にも協力したほど植物を愛していた。このほか、ウェッジウッド陶磁器を購入し、「クイーンズウェア」の称号を許可している。

1818年11月に死去し、ウィンザー城内のセント・ジョージズ・チャペルに埋葬された。

子女[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

先代:
連合王国王妃
1801年 - 1820年
次代:
キャロライン・オブ・ブランズウィック