ふくろう星雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふくろう星雲
Owl Nebula
M97.jpg
Ursa major constellation map.png
観測データ: (J2000.0) 元期
星座 おおぐま座
赤経 11h 14.8m
赤緯 +55° 01′
距離 2,600 光年
等級 (V) +9.9
角直径 (V) 3.4' x 3.3'
特徴
別名

M97

NGC 3587
関連記事: 星雲
テンプレートを表示

ふくろう星雲[1] (ふくろうせいうん、Owl NebulaM97、NGC3587)はおおぐま座にある惑星状星雲である。丸い星雲の中にやや暗い部分が二つ並んで存在しており、フクロウの顔のように見えることからその名が付けられている。

特徴[編集]

シャルル・メシエの共同研究者であったフランスのピエール・メシャンによって1781年に発見された。「ふくろう星雲」と名づけたのはイギリスのウィリアム・パーソンズで、彼のスケッチが残されている。

星雲の実際の形は円柱状のトーラスで、地球からはこのトーラスを斜めから見ていると推定されている。物質の少ないトーラスの両端の穴がフクロウの目に相当している。

観測史[編集]

メシエは「メシャンの報告によると、見るのが難しく、特に測微尺の糸が光るときに見にくい」と記した。ウィリアム・ハーシェルは「径2'40"明るさは平等。へりは鈍くなっている。微かな核が中心部に2個」とした。1848年ウィリアム・パーソンズは「中心部にややはなれた2つの星があり、それぞれのまわりはうす暗く渦巻きにとりかこまれている」とした。ウィリアム・パーソンズの6フィート望遠鏡で観測したロビンソンは猿の顔のようだと記した。スミスは「よくながめると木星ぐらいの大きさで濃淡がなく丸い」とした。ウェップは「大きく青白。著しい目標。2個の星が離れて見える。1850年以来1個だったが」とした。

望遠鏡による観測[編集]

ふくろう星雲は惑星状星雲としては大きい部類に入るが、同時に微かな天体でもある。誰にとっても眼視的に十分な模様は捉えられておらず、その構造は大口径の望遠鏡による写真による以外ない。ジョーンズは「見るだけでもかなり難しい。口径15cm以下の望遠鏡では見逃す。北斗のマスが高くかかり、良い気象条件の時を選ばなければならない」としている。サゴやヒューストンは口径55mmではむりだが、口径8cmの双眼鏡ならば楽だとした。

口径10cmの屈折望遠鏡でこれをみたマラスは「大きな灰色の楕円。ふくろうの眼の部分はアリゾナ砂漠では見えたが、カリフォルニアでは見えなかった。とにかく大変難しい」としている。

熟練した観測者達の見方は難しいという点で一致している。口径8cmの望遠鏡で見えたとするなら全ての好条件に恵まれた時である。口径10cmの望遠鏡では灰色のぼんやりとした円形に見える。中心星をみるためには口径30cmの望遠鏡を必要とする。フクロウの目にあたる黒い部分も見え方は条件に依存する。口径20cmで見たという人もいるが、口径30cmでやっとみえたという人もいる。口径40cmでも条件が悪いと見えない。

低倍率ではM108と同一視野に見え、対照的な形が面白い。

出典[編集]

  1. ^ メシエ天体ガイドM97AstroArts

外部リンク[編集]