コーン星雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cone Nebula
Cone Nebula (NGC 2264) Star-Forming Pillar of Gas and Dust.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡が2002年4月2日に撮影したもの
観測データ: J2000.0 元期
タイプ 散光 + 暗黒
星座 いっかくじゅう座
赤経 06h 41m 06s[1]
赤緯 +09° 53′[1]
距離 2,700 光年[2]
角直径 (V) 10 [1]
特徴
半径 4 光年[3]
特筆性 クリスマスツリー星団付近にある
別名 NGC 2264(の一部)
関連記事: 星雲
テンプレートを表示

  コーン星雲[4](コーンせいうん、:Cone Nebula )はNGC 2264 (enを構成する4つの天体の一つで、HII領域である。いっかくじゅう座方向にある。1785年12月26日ウィリアム・ハーシェルが発見し、ハーシェルによりH V.27と命名された。コーン星雲は地球から800パーセク、つまり2,600光年先にある。

円錐形状(コーン)をしているためこの名で呼ばれている。主に古い年代の文献の中に「とうもろこし星雲」と呼称しているものがあるが、これは円錐(Cone )ととうもろこし(Corn )を混同した誤訳である。

コーン星雲の周りはクリスマスツリー星団 (Christmas Tree Clusterが取り囲んでいる。ニュージェネラルカタログの定義によるとNGC2264は星雲だけではなく、クリスマスツリー星団を含んだ呼称である。

南はNGC2264の南端から、北は3.9等級で輝くクリスマスツリー星団の位置まで達している。いっかくじゅう座の中では北部に位置し、コーン星雲の北部はプロキオンベテルギウスを結んだ線の中間位置にくる。

円錐形状は、冷たい水素分子から成る暗黒星雲部分と、NGC2264で最も輝いているいっかくじゅう座S星 (S Monocerotisからのイオン化した水素を含む塵が光を発する輝線星雲からできている。輝線星雲部分の長さは約7光年(角度にすると10)であり、地球から2,700光年の距離にある。

この星雲は、非常に大きな天体複合群の一部である。その拡大写真が1997年にハッブル宇宙望遠鏡に撮影されている。

注釈と出典[編集]

  1. ^ a b c SEDS information on NGC2264”. Students for the Exploration and Development of Space. 2009年3月27日閲覧。
  2. ^ Astronomy Picture of the Day”. NASA. 2009年3月27日閲覧。
  3. ^ 2,700 × sin( 10′ / 2 ) = 半径 3-4 光年
  4. ^ ハッブル宇宙望遠鏡のACSカメラが撮影した最初の画像を公開AstroArts

外部リンク[編集]