りょうけん座ベータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りょうけん座ベータ星
データ
元期 J2000
星座 りょうけん座
赤経 12h 33m 44.5446s
赤緯 +41° 21′ 26.927″
視等級 (V) 4.26
特徴
スペクトル分類 G0 V
色指数 (B-V) 0.58[1]
色指数 (U-B) 0.04[1]
変光星 Suspected
アストロメトリー
視線速度 (Rv) +6.9 km/s
固有運動 (μ) 赤経: -705.06 ミリ秒/
赤緯: 292.93 ミリ秒/年
年周視差 (π) 199.19 ± 0.83 ミリ秒
距離 27.4 ± 0.2 光年
(8.39 ± 0.06 パーセク
絶対等級 (MV) 4.65
詳細
質量 1.08 M
半径 1.18 ± 0.11[2] R
光度 1.15[3] L
表面温度 6,045[4] K
金属量 [Fe/H] = -0.21[4]
自転速度 < 3 km/s
年齢 5.3 ×109[5]
他の名称
Chara, Asterion, Beta CVn, りょうけん座8番星, グリーゼ475, HR 4785, BD+42°2321, HD 109358, LHS 2579, LTT 13552, GCTP 2895.00, SAO 44230, FK5 470, LFT 924, NSV 5725, HIP 61317, LCC 2180.
参照データベース
SIMBAD data
ARICNS data
Template (ノート 解説) 天体PJ

りょうけん座ベータ星(Beta Canum Venaticorum, 略称 β CVn)は黄色のG型主系列星であり、りょうけん座で2番目に明るい恒星である。

りょうけん座で一番明るいα星の側にあり、α星とβ星のペアを星座の中の「南の犬」とみなしている。

別名のCharaは元来「南の犬」の2星に与えられた名であるが、後にβ星を意味するようになった。Charaはギリシャ語では「かわいい者、親愛なる者」を意味する[6]

観測[編集]

りょうけん座ベータ星は太陽に比べてやや金属[4]ヘリウムより重い元素を指す)が乏しく、質量、年齢、その他の特性において太陽に非常に良く似ている恒星である[7]。このためにソーラーアナログと呼ばれる。

この恒星の空間速度 はU=-25, V=0 そして W=+2 km/sである[3]

過去においては分光連星の可能性が指摘されていたが、20世紀末のデータ分析によればその可能性は無いようである[8]。 加えて、褐色矮星がこの恒星を巡る軌道に無いか探索されたが見つからなかった。測定器の感度限界まで用いてもこの構成には伴星が見つかっていない[9]

この恒星のスペクトルは彩層から非常に弱いカルシウムイオン (Ca II) が検知されており、スペクトル型が似ている恒星とスペクトル比較を行う上で有用な基準になっている[10](Ca II の輝線は読み出し易く、恒星の彩層の活動レベルを測るために良く使われている)。

生命の存在可能性[編集]

2006年、天文生物学者マーガレット・ターンブルはりょうけん座ベータを地球外生命探査において最も有望な恒星と位置づけた[11]。 天文生物学上、10パーセク圏内では最も太陽に似ている恒星であることが理由である[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Argue, A. N. (1966). “UBV photometry of 550 F, G and K type stars”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 133: 475–493. http://cdsads.u-strasbg.fr/cgi-bin/nph-bib_query?1966MNRAS.133..475A 2008年5月5日閲覧。. 
  2. ^ Perrin, M.-N.; Karoji, H. (1987). “Stellar radius determination from IRAS 12-micron fluxes”. Astronomy and Astrophysics 172: 235–240. http://adsabs.harvard.edu/abs/1987A&A...172..235P 2008年5月5日閲覧。. 
  3. ^ a b c de Mello, G. P.; del Peloso, E. F.; Ghezzi, L. (2006). “Astrobiologically Interesting Stars Within 10 Parsecs of the Sun” (abstract). Astrobiology 6 (2): 308–331. doi:10.1089/ast.2006.6.308. http://arxiv.org/abs/astro-ph/0511180 2008年5月5日閲覧。. 
  4. ^ a b c Luck, R. Earle; Heiter, Ulrike (2006). “Dwarfs in the Local Region”. The Astronomical Journal 131 (2): 3069–3092. doi:10.1086/504080. 
  5. ^ Barry, Don C.; Cromwell, Richard H.; Hege, E. Keith (1987). “Chromospheric activity and ages of solar-type stars”. Astrophysical Journal, Part 1 315: 264–272. doi:10.1086/165131. http://adsabs.harvard.edu/abs/1987ApJ...315..264B 2008年5月5日閲覧。. 
  6. ^ Kaler, Jim. “Beta Canum Venaticorum”. Stars. 2006年12月6日閲覧。
  7. ^ G. F. Porto de Mello, E. F. del Peloso, L. Ghezzi (2006). “Astrobiologically interesting stars within 10 parsecs of the Sun” (abstract). Astrobiology 6 (2): 308–331. doi:10.1089/ast.2006.6.308. http://www.liebertonline.com/doi/abs/10.1089/ast.2006.6.308. 
  8. ^ Morbey, C. L.; Griffin, R. F. (1987). “On the reality of certain spectroscopic orbits”. Astrophysical Journal, Part 1 317: 343–352. doi:10.1086/165281. http://adsabs.harvard.edu/abs/1987ApJ...317..343M 2008年5月5日閲覧。. 
  9. ^ Carson, J. C.; Eikenberry, S. S.; Brandl, B. R.; Wilson, J. C.; Hayward, T. L. (2006). “The Cornell High-Order Adaptive Optics Survey for Brown Dwarfs in Stellar Systems. I. Observations, Data Reduction, and Detection Analyses”. The Astronomical Journal 130: 31212–1220. doi:10.1086/432604. 
  10. ^ Herbig, G. H. (1985). “Chromospheric H-alpha emission in F8-G3 dwarfs, and its connection with the T Tauri stars”. Astrophysical Journal 289 (1): 269–278. doi:10.1086/162887. http://adsabs.harvard.edu/abs/1985ApJ...289..269H. 
  11. ^ “Stars searched for extraterrestrials”. PhysOrg.com. (2006年2月19日). http://www.physorg.com/news10993.html 2008年5月4日閲覧。 

外部リンク[編集]