紀元前246年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世紀: 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
10年紀: 前260年代 前250年代 前240年代 前230年代 前220年代
: 前249年 前248年 前247年 紀元前246年 前245年 前244年 前243年

紀元前246年は、ローマ暦の年である。当時は、「マニウス・オタキリウス・クラッススマルクス・ファビウス・リキヌス共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元508年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前246年と表記されるのが一般的となった。

できごと[編集]

エジプト[編集]

インド[編集]

セレウコス朝[編集]

  • アンティオコス2世は、前妻のラオディケ1世と息子のセレウコス2世と再び暮らすため、ベレニケの元を離れた。しかしラオディケ1世は彼を毒殺し、息子が王だと宣言した。アンティオキアの彼女の支持者はベレニケを殺害し、ベレニケの子供はアンティオキア近郊のダフネに逃れた。
  • ベレニケの兄弟のプトレマイオス3世は、復讐のためシリアに侵攻し、第3次シリア戦争が勃発した。プトレマイオス3世の艦隊は、ダーダネルス海峡を越えてトラキアまでの範囲で優位に立ち、アナトリアの湾のいくつかの島も占領した。
  • プトレマイオス3世は、シリアやアナトリアでセレウコス2世の軍を破り、すぐにアンティオキアを占領した。しかし、アンドロスの戦いでアンティゴノス2世に敗れ、キクラデス諸島を失った。
  • セレウコス2世の母ラオディケ1世は、セレウコス2世の弟のアンティオコス・ヒエラクスを共同摂政にし、アナトリアの領土を全て与えることで、セレウコス朝の支配を回復しようとした。アンティオコス・ヒエラクスは即座に独立を宣言し、兄との戦争を始めた。
  • バクトリアディオドトス1世の信頼を確保するため、セレウコス2世は妹の1人をディオドトス1世の妻にした。

共和制ローマ[編集]

  • シチリア島ハミルカル・バルカに破れた後、ローマ軍は制海権を取り戻すために縁故を呼び集めて別の部隊を作った。
  • ローマでは、プラエトルの数が1人から2人に増えた。2人目のプラエトルは司法の残務整理や執政官不在の際には軍隊を指揮できる絶対権を持つ治安判事の設置を任務とした。

中国[編集]

  • の水利専門家鄭国が、鄭国渠の建造を開始する。約10年後に完成した。今日の陝西省に約100マイルに及ぶ灌漑用運河が建設されて農業の生産性が飛躍的に向上し、また秦の軍隊の能力も上がった。
  • 嬴政(後の始皇帝)が秦王に即位する。
  • 秦の晋陽で反乱が起こり、蒙驁がこれを鎮圧する。

誕生[編集]

死去[編集]