孝成王 (趙)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

孝成王(こうせいおう、? – 紀元前245年、在位紀元前266年 - 紀元前245年) は、中国戦国時代の第8代君主。王としては第2代。恵文王の子。

孝成王の時代、趙は強勢となったにたびたび脅かされていた。前260年、孝成王は老将廉頗に替えて趙括を将軍に任じて攻勢に転じようとし、長平(現:山西省高平市北西)において秦軍と対峙した(長平の戦い)。だが秦の将軍白起は趙括の戦術を完全に見抜いており、囮と伏兵を用いて趙軍を分断した上で退路を断ち、さらに本国からの補給路をも断って趙軍を戦場で孤立させた。趙軍の孤立状態は46日間に及び、飢えた兵士たちは餓死者や殺した仲間の肉で食いつなぐという状態にまでなった。趙括は事態を打開すべく、軍を4隊に分け5度にわたって反撃に出るも包囲突破は果たせず、ついに趙括は討ち死にし、投降した趙軍40万は生き埋めにされた。

前245年、孝成王が死去すると、趙の将軍楽乗と廉頗は他国へ出奔し、孝成王の跡を継いだ悼襄王李牧を新たに将軍に任じた。

先代:
恵文王
の君主
紀元前266年 - 紀元前245年
次代:
悼襄王