紀元前255年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世紀: 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
10年紀: 前270年代 前260年代 前250年代 前240年代 前230年代
: 前258年 前257年 前256年 紀元前255年 前254年 前253年 前252年

紀元前255年は、ローマ暦の年である。当時は、「マルクス・アエミリウス・パウッルスセルウィウス・フルウィウス・パエティヌス・ノビリオル共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元499年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前255年と表記されるのが一般的となった。

できごと[編集]

共和制ローマ[編集]

  • カルタゴの南東64㎞のアディス近郊で、カルタゴ軍とマルクス・アティリウス・レグルスに率いられたローマ軍との間で、アディスの戦いが行われた。ローマ軍は大勝し、カルタゴ軍は和平を求めた。交渉の過程で、レグルスはカルタゴに無条件降伏とシチリアコルシカサルディニアのローマへの譲渡、海軍の放棄、保障金の支払い、ローマに隷属する条約の締結を求めた。これらの条件は厳しいものであり、カルタゴの市民は戦争の継続を求めた。
  • レグルスの要求に怒ったカルタゴ市民は、スパルタ人の傭兵Xanthippusを雇い、軍を再編した。Xanthippusに率いられた新生カルタゴ軍は、チュニスの戦いでローマ軍を破り、指揮官のレグルスを捕えた。レグルスの救出に向かったローマ軍の部隊は、シチリア沖の嵐で難破した。

エジプト[編集]

バクトリア[編集]

中国[編集]

天文学[編集]

誕生[編集]

死亡[編集]