紀元前238年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世紀: 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
10年紀: 前250年代 前240年代 前230年代 前220年代 前210年代
: 前241年 前240年 前239年 紀元前238年 前237年 前236年 前235年

紀元前238年は、ローマ暦の年である。当時は、「ティベリウス・センプロニウス・グラックスプブリウス・ウァレリウス・ファルト共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元516年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前238年と表記されるのが一般的となった。

できごと[編集]

カルタゴ[編集]

  • ハミルカル・バルカは、カルタゴを包囲する傭兵の軍の補給線を攻撃し、街の包囲を解いた。彼はその後、傭兵の軍と何度も戦って均衡を崩した。ハミルカルは、のこぎり山の戦いで、箱の側面のように垂直に切り立った断崖を成す峡谷に傭兵軍を追い込み、包囲した。
  • スペンディウスに率いられた傭兵軍は、包囲を解こうと戦ったが、カルタゴ軍にことごとく阻止された。この戦いの後、ハミルカルは4万人もの傭兵を処刑した。
  • ハミルカルの軍は、リビアで反乱を起こしたいくつかの街を次々と征服し、ウティカとヒパクリテアを除く街は降伏した。
  • ハミルカルとハンニバル(ハンニバル・バルカとは別人)の軍は、チュニスでマトスの傭兵軍を包囲し、傭兵軍の守る城壁から見えるところで捕虜にした傭兵軍の指導者らを磔に処した。
  • マトスはハンニバル軍の守備の弱点を突いて攻撃を仕掛け、ハンニバルと数人の将軍を捕らえた。傭兵軍は、捕らえた数人の将軍を虐殺した。
  • 大ハンノに率いられたカルタゴ軍の増援部隊が戦いに加わった。彼らはマトスの傭兵軍を破り、マトスを捕らえた。
  • カルタゴ軍はウティカとヒパクリテアを包囲し、占領し、カルタゴの市民戦争は終結した。
  • 共和制ローマは、サルデーニャの支配権を巡って、カルタゴに宣戦布告した。しかしカルタゴはローマに逆らわず、サルデーニャに対する一切の主張を放棄した。

エジプト[編集]

ペルシア[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

  • アンドラゴラス - パルティアのサトラップ
  • 荀子 - 中国の思想家
  • ハンニバル - カルタゴの将軍