紀元前228年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世紀: 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
10年紀: 前240年代 前230年代 前220年代 前210年代 前200年代
: 前231年 前230年 前229年 紀元前228年 前227年 前226年 前225年

紀元前228年は、ローマ暦の年である。当時は、「スプリウス・カルウィリウス・マクシムスクィントゥス・ファビウス・マクシムス共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元526年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前228年と表記されるのが一般的となった。

できごと[編集]

カルタゴ[編集]

ハスドルバルに引き継がれた。

  • ハスドルバルはすぐに方針を変更し、ヒスパニアの領土を広げ、またローマに対抗するのに軍事的な手段よりも外交的な手段を重視するようになった。また首都として 「新しいカルタゴ」という意味のCarthago Nova(現在のカルタヘナ)という街を建設した。

小アジア[編集]

ギリシア[編集]

  • イリュリアの女王テウタの知事デメトリウスは、圧倒的なローマの軍勢の前に降伏した。その見返りとして、また勢力の均衡を図るため、ローマは彼にテウタの財産のかなりの部分を与えた。その一方で、ローマ軍はアポロニアからさらに北方に進軍した。ローマ軍は次々に街を征服しながら北進し、ついにイリュリアの首都シュコドラを包囲した。
  • 殺害されたスパルタ王アギス4世の弟アルキダモス5世クレオメネス3世によってスパルタに呼び戻された。しかしアルキダモス5世は、スパルタに戻った後すぐに暗殺された。

中国[編集]

誕生[編集]

死去[編集]