紀元前224年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世紀: 前4世紀 - 前3世紀 - 前2世紀
10年紀: 前240年代 前230年代 前220年代 前210年代 前200年代
: 前227年 前226年 前225年 紀元前224年 前223年 前222年 前221年

紀元前224年は、ローマ暦の年である。当時は、「ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥスクィントゥス・フルウィウス・フラックス共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元530年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前224年と表記されるのが一般的となった。

できごと[編集]

ギリシア[編集]

共和制ローマ[編集]

  • 執政官Gaius Atilius RegulusとLucius Aemilius Papusに率いられたローマ軍はテラモンの戦いでガリア・キサルピナの連合軍を破り、その影響力を北イタリアにまで広げた。ローマ側では騎馬隊長Gaius Atilius Regulusが戦死した。ガリア側では指導者の1人コンコリタヌスが捕虜になり、ガエサタエのリーダーの1人Aneroestesが戦後に自殺した。

中国[編集]